つわりが酷く水分がとれない私は妊娠中に便秘になってしまいました。

便秘

この間、便をしようといきんだところ、便器が真っ赤になるだけの鮮血が出てとっても驚きました!

病院を受診すると「切れ痔になったようですね。」とのこと。

痔とは無縁だと思っていたのでかなりショックをうけてしまいました。

今回は気になるので妊娠中の切れ痔の治し方について調べてみました。

また、妊娠中の切れ痔は市販薬を使っても良いのか、自然治癒はできるのかも書いています。



 


妊娠中の切れ痔の治し方は?

最初に妊娠中の切れ痔の治し方について調べてみました。

まず、社会医療法人社団高野会くるめ病院のホームページに妊娠中の痔について以下のように書いてあったのを発見!

妊娠をすると子宮が大きくなることで血管や腸を圧迫し便秘になりやすくなります。
食事、運動などが減ることで痔になりやすくなります。
一番なりやすい痔はいぼ痔と切れ痔で、出産経験がある70%の妊婦が痔の経験があるといっています。

 

こちらがくるめ病院のホームページです↓
くるめ病院さんのホームページ

妊娠中に痔になってしまったのは私だけと思っていたので、病院に電話をするのもとっても恥ずかしかったのですが、妊娠中に痔になってしまう人はとっても多いんですね。

仲間がいるんだとちょっと安心しました。

そして妊娠中の切れ痔の治し方ですが、私が産婦人科の先生からいわれた痔の治し方は以下の4つです。

1.適度な運動をする
2.便秘を改善する
3.肛門に負担をかけないように気をつける
4.冷えないようにする

 

1つずつどんな風に過ごしたら切れ痔が治りやすくなるか説明していきます。

1.適度な運動をする

運動
産婦人科の先生いわく運動をすることで腸の動きも活発になるそう。

腸の動きが活発になると排便もスムーズに行うことができるんですって。

ただし妊娠中なので無理に運動しようとせずに散歩などの軽い運動でも良いとのことでした。

ちなみに私の場合はつわりが酷く、動くこともできないので無理をして運動をしなくて良いといわれてしまいました。

 

2.便秘を改善する

便秘になって強くいきむことで痔は悪化したり治りにくくなってしまいます。

バナナや海藻類などの食物繊維が豊富な食べ物を積極的に食べたり、こまめに水分をとることが大事です。

つわりが酷い場合、糖分などを気にせずに自分が飲める飲み物をこまめに飲むことが大事ですよ。

私は痔になってからりんごジュースなどの飲みやすい飲み物を飲むようにしています。

りんごジュース

水分をいくらかとるようになってから便も柔らかくなってきたような気がします。

 

3.肛門に負担をかけないように気をつける

痔は肛門の周りに血液がたまっている状態のことをいいます。

肛門に負担をかけてしまうことで、肛門を圧迫し痔が悪化しやすくなります。

肛門に負担をかけないように長時間同じ姿勢でいないようにしたり、ドーナツ型クッションなどを使用するようにすると良いですよ。

円座クッション

ドーナツ型クッションは楽天やアマゾンなどの通販サイトでも購入できるので気になる場合は見てみてください(^^)

私は座って仕事をする時は15分~20分ごとに一度立ち上がって姿勢を変えるようにしています。

座りっぱなしだとやはりお尻が痛くなってしまいます。

 

4.冷えないようにする

体が冷えると血行が悪くなって痔も悪化しやすくなるそうです。

私は特に体が冷えやすいので冷えないように厚着をしたりホッカイロを背中に貼ったりしています。

産婦人科の先生は「下着などを締め付けの弱いもの(マタニティ下着)に変えるだけでもだいぶ血の巡りが違いますよ。」
と話していました。

体型に変化をあまり感じられなくてもマタニティ下着をつけることで血行がある程度良くなるとのことです。

 

妊娠中に切れ痔になってしまったら普段の生活から気をつけなければ、痔はなかなか治りません。

私は先ほど紹介した生活の注意点を産婦人科の先生から教えてもらった他に、マグミットという便を柔らかくする薬も処方してもらいました。

マグミット

マグミットを飲んでから踏ん張らなくても便が出るようになりました。

私はつわりが酷くて水分を毎日こまめにとったり運動をしたりすることはかなり難しいので、薬を処方してもらって良かったと思っています。

もし、私と同じように体調が悪くてなかなか生活習慣を変えられないという場合は、産婦人科から薬を処方してもらうのが1番良いと思います。


 

妊娠中の切れ痔は市販薬は使っても良い?自然治癒ってできるの?

最後に妊娠中の切れ痔は市販薬は使っても良いのか、自然治癒はできるのかについて調べてみたので紹介します。

まず、妊娠中の切れ痔は市販薬を使っても良いのかですが、使って良い薬とだめな薬があるのでかかりつけの産婦人科の先生に一度聞いてみることをおすすめします!

ちなみに私は病院に電話をしたら「急がなくて良いよ~。」といわれ、病院を受診するまで少し日数が空いたのでその間、市販の薬を塗って良いか確認をしてみました。

私がかかっている産婦人科の先生いわく「オロナインなどは気休め程度ですが塗っても良いよ。」とのこと。

産婦人科の先生は「オロナインは殺菌や消毒効果があるので切れ痔の炎症をいくらか抑えてくれる働きがある。」と話していました。

また、オロナインのホームページにも妊婦さんが使うことに対して以下のように書いてありました。

適切に使うなら妊娠中に使用しても問題はありません。

 

オロナインは妊娠中に使用しても基本問題はないんですね。

その後、病院を受診した時に先生に切れ痔の時に使って良い市販薬はないか聞いた所「ボラギノールM」または「プリザS軟膏」なら大丈夫と話していました。

↓こちらがボラギノールM。

ボラギノール

価格は945円で楽天やアマゾンでも購入できますよ。

↓そしてこちらがプリザS軟膏です。

プリザS

価格は1,058円でプリザS軟膏も楽天やアマゾンでも購入できますよ。

ボラギノールMやプリザS軟膏はお腹の赤ちゃんに影響する成分が入っておらず、切れ痔の炎症を抑えてくれる効果があるんだそう。

ツイッターでもボラギノールMやプリザS軟膏を使っているという人が結構いたので、私の他にも「使って良い」といわれている人が多いようですね。

↓こちらの方は薬局で薬剤師の方に処方されたと話しています。

↓妊娠中にプリザS軟膏を使っていた人もいましたね。

一応妊娠中に使う薬なので赤ちゃんに影響がないか、自分のかかりつけの産婦人科で相談をしてみてくださいね。

そして妊娠中の切れ痔は自然治癒できるのかですが、産婦人科の先生いわく「普段の生活に気をつけて行動すると自然治癒することは可能。」だそうです。

ただし、出産後は母乳が始まり赤ちゃんに水分をとられる日が続くので産後も痔が再発して悩んだり、出産が終わって数年経過してから再び痔になってしまう人も多いそうです。

実際にツイッターでも痔が再発したといっている人がたくさんいました。

↓市販薬が役立っていますね。

↓痔の再発はとっても多いんですって。

痔が再発しないように生活習慣に気をつけなければいけないですね。
 
 

以上、今回は

  • 妊娠中の切れ痔の治し方は?
  • 妊娠中の切れ痔は市販薬は使っても良い?自然治癒ってできるの?

について紹介しました。

妊娠中の切れ痔は痛くて本当に辛いですよね。

水分をたくさんとるなど工夫して痔を早く治せると良いですね。