公共社団法人日本産科婦人科学会によると不妊のカップル率は10組に1組といわれています。

今、不妊症の人は決して珍しくありません。

不妊症

そんな私も不妊症の1人で、私は9年間不妊症で苦しんできました。

「周りがどんどん妊娠していくのに、どうして自分のところには赤ちゃんが来てくれないの?」と精神的にもボロボロになりました。

私は9年の時を経て自然妊娠にいたったのですが、自然妊娠できたのは漢方薬で体質が改善されたからというのも理由の1つではないかと思います。

「不妊症には漢方薬が良い。」という話をよく聞きますし、私も長年服用していた1人です。

今回は不妊漢方ランキング2019を紹介したいと思います。

不妊に効くといわれている漢方薬を集めて、私が実際に飲んだものや、同じ不妊で悩んでいた知人や通っていた病院、専門の漢方薬局で話を聞いたりしたことを思い出しながら自分なりにランキングをつくってみました。

私が実際に飲んだ漢方薬には自分の体験談を入れ、飲んだことがないけれど不妊クリニックなどでよく耳にする漢方薬はお医者さんからのお話なども入れて書いています。

また、一緒に効果や費用、通販で買えるのかも紹介していきますね。

少しでも不妊症で苦しんでいる人の参考になれば嬉しいです。

こちらの別の記事でも不妊に関することを書いているのでよければ読んでみてください(^^)



 


不妊漢方ランキング2019!効果や費用は?通販で買えるの?

ランキングを紹介する前に、漢方薬はたくさんの種類がありますが自分の体調や体重、体質などでも合う漢方薬は変わってきます。

私も数年間、以下のような生活をしてきました。

1.自分でネットで調べて良さそうな漢方を購入し飲む。
2.漢方を扱っている専門の薬局に相談し漢方薬を飲む。
3.不妊治療専門の病院に通い、処方された漢方薬を飲む。

 
漢方薬とは長いお付き合いをしていきました(笑)。

ランキングをつくりましたが、自分に合うかどうかは病院などで相談をするか、試して飲んでみないとわかりません。

それでは、病院に行って聞いた話や私の体験談を元にランキングをつくったので見てみてください。

第1位!当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散

以下の症状で悩んでいる人に向いています。(私が通っていた病院の先生が話していました。)

・頭痛や頻尿があり、むくみやすい。
・耳鳴りやめまいがする。
・下痢または便秘気味。
・痔や静脈瘤がある。などなど

 

当帰芍薬散は不妊治療をしている本当にたくさんの人が処方されている漢方薬だと思います。

当帰芍薬散は血行を良くし、ホルモンバランスを整えてくれるという効果が期待できますよ。

不妊にも漢方薬の当帰芍薬散は効果があるといわれていて、服用している人はとても多いです。

また、大阪にある不妊専門治療院「レディースクリニック北浜」のサイトにも書いてありますが、当帰芍薬散は昔から安胎薬(お腹の赤ちゃんを安定させる)といわれていて、妊娠前だけでなく妊娠中も飲むことができます。

ちなみに私も不妊治療中に頭痛がかなり酷く、体も冷えやすかったため、先生と相談して飲んでいました。

妊娠が判明した直後、大量出血した時も当帰芍薬散を服用し、現在お腹の赤ちゃんは順調に成長しています。

当帰芍薬散は口コミを見ても非常に多くの女性が服用していますね。

当帰芍薬散はむくみにも良いんですよね。私も以前はむくみが酷かったのですが、当帰芍薬散を飲んでからむくみが出ない気がします。

妊活などを関係なくして、体が冷える人には効果が高いかもしれません。

もちろん冷えを改善することで妊娠しやすい体をつくることができるので、冷えがある人にはおすすめですね。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の費用と通販で買えるか

当帰芍薬散は楽天などの通販や薬局などの市販でも購入できます。

ツムラの当帰芍薬散は楽天や薬局などで購入すると費用が大体24日分で4,000円~5,000円前後となります。

しかし私の通っていた病院だと1ヶ月分で費用が1,100円とかなり安い!

もし病院を受診できるなら病院で処方してもらった方が費用は安く済むかと思います。

ちなみに当帰芍薬散は粉になっているものが多いのですが、楽天や薬局には錠剤(クラシエ当帰芍薬散)も販売していますよ。

錠剤の方が飲みやすいという人におすすめです。

第2位!温経湯(うんけいとう)

温経湯

以下の症状で悩んでいる人に向いています。(私が通っていた病院の先生が話していました。)

・肌荒れが酷い。
・顔色や口の色が悪い。
・生理不順や生理痛が酷い。
・シミとクマがある。

 

温経湯も不妊の漢方薬として処方される場合がとっても多いです。

温経湯は血液の循環を良くして特に下半身の冷えを改善して温める効果があります。

私は下半身ではなく、体全体が極端に冷えていたので、温経湯より当帰芍薬散が良いといわれて服用していました。

足やお腹が冷えやすい人は温経湯の方が合っているかもしれませんね。

また、温経湯はホルモンバランスを整えてくれて、乾燥肌の改善も期待できますよ。

口コミを見ると、温経湯を服用してから冷えが軽減したという人もいますね。

手荒れにも良いようです。

温経湯(うんけいとう)の費用と通販で買えるか

温経湯は楽天などの通販や薬局などの市販でも購入できます。

温経湯は楽天や薬局などで購入すると費用が大体24日分で3,000円~4,500円前後となります。

病院などで処方されると病院によって違いますが、大体1ヶ月2,000円前後で購入できますよ。

ちなみに温経湯には煎じ薬もありますよ。

個人差がありますが、煎じ薬の方が体が温まりやすいと話す人もいます。

第3位!八味地黄丸(はちみじおうがん)

八味地黄丸

以下の症状で悩んでいる人に向いています。(私が通っていた病院の先生が話していました。)

・低体温で疲れやすい。
・胃腸が弱い。
・朝起きることがつらい。
・寒がりで風邪をよくひく。

 

八味地黄丸は卵巣のアンチエイジング効果があるとして、足腰が冷えやすく風邪をひきやすい虚弱体質の人によく処方されます。

また、男性不妊の人にも八味地黄丸は精力をアップし、弱った腎機能を高めることから処方される場合が多いですね。

口コミを見ると八味地黄丸は頻尿や高血圧の人にも効果があると書いている人が多いです。

睡眠の質が良くなったという人もいますね。

八味地黄丸(はちみじおうがん)の費用と通販で買えるか

八味地黄丸の漢方薬は楽天などの通販で購入できます。

八味地黄丸

私はドラッグストアなどで八味地黄丸を見たことがありませんが、もしかしたらドラッグストアにも置いてあるかもしれませんね。

八味地黄丸は楽天などで購入すると1ヶ月の費用が大体3,000円~4,000円くらいとなります。

病院も同じく3,000円~4,000円前後かかる場合が多いので、どちらも費用は同じくらいかなと思いました。

第4位!婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

婦宝当帰膠

以下の症状で悩んでいる人に向いています。(私が通っていた病院の先生が話していました。)

・生理痛が酷く、生理不順である。
・ふらつきやめまいを感じる。
・頭痛や肩こり、耳鳴りがある。

 

私が婦宝当帰膠を知ったのは漢方専門の薬局に行った時でした。

婦宝当帰膠には冷えを改善し、子宮内膜の収縮などを抑えてくれる働きがあると説明をうけました。

私は生理不順で、生理痛も酷かったので、数年前に漢方専門の薬局で相談し、飲んでいましたね。

確かに婦宝当帰膠を飲んで数カ月後には生理痛が軽くなった感じがしました。

ただ、私の場合は婦宝当帰膠を服用していたからかわかりませんが吐き気が酷かったです。

さらに不妊のままで妊娠までいたらず、費用も高かったので、結局飲むのをやめてしまいました。

一方で、私の知人は婦宝当帰膠を飲んで自然妊娠にいたったので、漢方薬は本当に人それぞれだなと思います。

口コミを見ると婦宝当帰膠は不妊だけでなく、不眠が改善する場合があると話している人がいました。

他にも値段が高いと話している人がいました。

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)の費用と通販で買えるか

婦宝当帰膠は楽天やアマゾンなどで2019年1月16日現在、取扱いがありません。

また、私はドラッグストアなどでも見たことがないので薬局や漢方専門のお店などでは購入できると思います。

ちなみに私が通っていた不妊専門の病院も漢方は扱っていましたが、婦宝当帰膠は扱っていませんでした。

婦宝当帰膠は大体300mlで5,000円前後の費用がかかる場合が多いです。

婦宝当帰膠液体

婦宝当帰膠は液体になっているので、カフェオレなどに混ぜて飲むと飲みやすいですよ。

第5位!桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

桂枝茯苓丸

以下の症状で悩んでいる人に向いています。(私が通っていた病院の先生が話していました。)

・血行不良。
・月経不順。
・シミがある。
・皮膚炎やにきびがある。

 

桂枝茯苓丸は血の巡りを良くして、生理痛や月経不順などの症状を改善してくれる効果があります。

月経不順があるとどうしても子供を授かりにくくなってしまいますね。

桂枝茯苓丸はどちらかというと虚弱体質ではなく、体力がある人におすすめできる漢方薬ですね。

また、子宮筋腫が見つかった場合に症状を緩和するために桂枝茯苓丸を処方する病院も多いかと思います。

口コミを見ると足の冷えに桂枝茯苓丸が良いといっている人がいました。

下半身の冷えは不妊につながるので、改善したいところですよね。

むくみが改善されるのは素晴らしいですね。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の費用と通販で買えるか

桂枝茯苓丸は楽天などの通販サイトやドラッグストアなどでも購入できます。

個人的には婦人科や不妊クリニックなどで購入した方が費用が1ヶ月分で2,000円前後におさまる場合が多いので、おすすめです。

第6位!半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

半夏厚朴湯

以下の症状で悩んでいる人に向いています。(私が通っていた病院の先生が話していました。)

・不眠や抑うつ状態。
・イライラして怒りっぽい。
・不安や焦燥感にかられる。
・動悸や発汗。

 

半夏厚朴湯は主にストレスを感じている人に効果がある漢方薬です。

病院の先生いわく、ストレスを強く感じていると血の巡りも悪くなりやすく、妊娠もしにくいとのこと。

半夏厚朴湯は不安定な気持ちをしずめて、体と心のバランスを整えてくれる効果があります。

口コミを見ると喉に違和感があり、飲み込めないのもストレスだと話していますね。

本当にストレスは怖いです。

喉の閉塞感が消えてきたと話している人もいますね。

漢方薬はいろいろな体の不調を治してくれるのですごいですよね。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)の費用と通販で買えるか

半夏厚朴湯は楽天などの通販サイトやドラッグストアなどでも購入できます。

半夏厚朴湯楽天

費用は1ヶ月分で5,000円~10,000円くらいかかります。

病院だと半夏厚朴湯の費用は2,000円前後で済む場合が多いので、やはり病院での処方の方が安いですね。

第7位!補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

補中益気湯

以下の症状で悩んでいる人に向いています。(私が通っていた病院の先生が話していました。)

・元気のない、疲れやすい人。
・食欲不振。
・男性不妊

 

補中益気湯は、男性不妊の方によく処方されます。

補中益気湯は精子の運動率をあげてくれる効果があるといわれていますよ。

また、疲れやすい人の体質を改善し風邪などの抵抗力を高めてくれるともいわれているんです。

口コミを見ても補中益気湯は倦怠感があったり疲れている場合に飲む人が多いですね。

補中益気湯は不妊だけでなく、消化吸収も助けてくれるので胃腸が弱い人にもおすすめです。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)の費用と通販で買えるか

補中益気湯は楽天などの通販サイトやドラッグストアなどでも購入できますよ。

補中益気湯楽天

補中益気湯の費用は楽天で購入した場合1ヶ月分で4,000円~7,000円前後します。

病院だと1ヶ月2,000円前後で購入できる所が多いと思うので、やはり病院の方が費用が安いですね。

以上、今回は不妊漢方ランキング2019の効果や費用はどうなのか、通販で買えるのかも紹介しました。

最後にランキングをもう1度紹介しますね。

第1位!当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
第2位!温経湯(うんけいとう)
第3位!八味地黄丸(はちみじおうがん)
第4位!婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
第5位!桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
第6位!半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
第7位!補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

 

不妊に効果があるといわれている漢方薬はたくさんありますが、自分に合うかどうかは本当に個々で違うので実際に飲んでみないとわかりません。

自分で判断するよりも病院などで一度相談してから飲む漢方薬を決めた方が体に合う確率も高そうです。

私は当帰芍薬散がぴったりあったようで、病院で相談して良かったと思っています。

体質を改善して子供を授かれますように…。