月9ドラマ『月海姫』の3話のあらすじや感想をまとめてみました!
クラゲのドレスを来た月海、きれいでしたね!

あと、稲荷に裸の写真を撮られた修は月海とどうなるのでしょうか。

 


スポンサーリンク
 


月9ドラマ『海月姫』の3話のあらすじと感想

男の姿でやってきた鯉渕蔵之介(瀬戸康史)は天水館の月海の部屋に入るとシーツをドレスに見立てた倉下月海(芳根京子)の姿がありがした。。

あまりの美しさに見とれていると、月海は
「これはお母さんが大きくなったらクラゲみたいなドレスを作ってくれるって。
これはその確認作業で。」
と言いながら恥ずかしさで窓から逃げようとします。

そして蔵之介も幼い頃母がクローゼットをドレスでいっぱいにしたいという母の夢を思い出しました。
蔵之介は、
「作ろう!クラゲのドレス、そして儲けて、天水館を買い戻そう」
と月海にもちかけました。

蔵之介が試しにスケッチブックにハナガサクラゲを描くと、全く違うと月海は怒り出します。
そして月海は美しいハナガサクラゲの絵を仕上げたのです。
スケッチを見た蔵之介は
「買う、こんなドレスあれば何十万しても買う!」


↓↓ ドラマ海月姫全話を今なら31日間無料で見放題! ↓↓

※31日間無料キャンペーンが適用されるのは2018年6月末までです。

と大興奮!

その頃、慶一郎(北大路欣也)は稲荷翔子(泉里香)が修(工藤阿須加)のめがねを持ってきましたが、何か知らないかと花森よしお(要潤)に尋ねます。
この間修が朝帰りしたときにめがねを忘れたと話し、花森は稲荷のことを調べることを請け負います。

修と月海

修から月海とデートしたいと頼まれた蔵之介はデートをセッティングします。
稲荷との仲を疑っている月海に蔵之介は
「気になることは自分で聞けば」
と突き放し、髪をセットし始めます。
そして、ぎこちないデートが始まりました。
月海は会話に困ったときは

「そうですね。」

と言えばいいと蔵之介から言われていたため、「そうですね」を連発する月海。当然会話は変です。

修と月海は、どうにかランチをすることができましたが、クラゲのことを聞かれると月海はつい興奮してグラスを割ってしまいます。

月海はめがねをかけると緊張するのでかけていなかったのですが、グラスを拾おうとしてめがねをかけます。
その時修ははじめて自分が「気色悪い。」と言ってしまった女性が月海であることに気づきます。

そこから修は落ち込み、おかしな空気のままデートは終わってしまいます。


↓↓ ドラマ海月姫全話を今なら31日間無料で見放題! ↓↓

※31日間無料キャンペーンが適用されるのは2018年6月末までです。

その頃、天水館ではドレスを作り始めようとしていました。

蔵之介は布を裁断しながらデートの様子を月海に聞き、修が帰り道で様子がおかしかったことを知ります。

一方稲荷は反対派住民が増えている事を知り、半裸で眠っている修の写真をいざとなったら使うともくろみます。そして修の自宅を訪れ、飲みに行こうと誘います。

修と稲荷

ドレスは月海が手縫いでドレープと飾りをつけ、きれいに仕上がりました。そしてその下にパニエをはけばかわいい雰囲気に仕上がりました。

そこから月海は蔵之介の自宅でドレスの仕上げをします。蔵之介の部屋にあったパールをドレスに縫い付けてクラゲらしくした唯一無二のドレスが完成しました。

ジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)はリビングで慶一郎とお茶を飲んでいるときに普段会っているのは「女装している蔵之介」だと気づきます。

ドレスが完璧に出来上がった帰り道、月海たちは稲荷と修に出会います。
修は稲荷に好きな人がいるからもう会えないと伝えたばかりだったのですが。。。

修は月海を稲荷に紹介すると、稲荷は修とのベッドの写真を月海に見せます。
さらに修は自分がずっと「気色悪い」と思っていた女をデートに誘ったときづいてなかった ということを月海に暴露します。
月海は悲しくてその場を立ち去ります。

蔵之介は自宅で修に稲荷が言っていたことは本当か詰め寄ります。気づいてなかったのは事実だからあながち嘘ではないと伝えると蔵之介は
「もう月海を傷つけるな」
と言います。

千絵子とジジ様は蔵之介を呼び出し、「男は天水館に立ち入るな。」と伝えます。

一方月海も天水館の住人から蔵之介は男だからもう鯉渕家と関わるなと伝えられます。

そこへ修がやって来て

「あなたの事を水族館で抱き締めるまで女性に触れたことはありませんでした。あなたの事を抱き締めたのはあなたのことを守りたいと思ったからです。」

と玄関から月海に向かって叫びます。

蔵之介


↓↓ ドラマ海月姫全話を今なら31日間無料で見放題! ↓↓

※31日間無料キャンペーンが適用されるのは2018年6月末までです。

感想

今回はキュンキュンしましたね。
蔵之介も月海のこと好きなのでは?って思ってしまいますよね。
修も自分の気持ちをまっすぐに月海にぶつけてますよね。
影ながら支えてもらうのがいいのか、ストレートに思いをぶつけてくれるのがいいか…どっちにしてもモテモテの月海は羨ましい!

男性と付き合うことになったら天水館を追い出される?ドレスもできてきて天水館を買う第一歩ができたのに?
ドレスが売れたら特例で蔵之介は入館オッケーになるのかなぁ?

あと、泉里香さんの悪役っぷりすごくいいですね。モデルが本業だから演技はそれほどかと思いきやうまいし、体当たりで正直びっくりしました。さらなる悪役演技も目が離せません!

第3話で結構盛り上がってますね。第4話もかなり気になります。