フジテレビ月9ドラマ海月姫の2話のあらすじを紹介します。

女装がとっても様になる鯉淵蔵之介とクラゲオタクの月海。

そして蔵之介の弟・鯉淵修との恋愛の行方はどうなるのでしょう!?


スポンサーリンク
 


天水館がなくなる!?修と月海の再会!だけど・・・・

とある日、月海(芳根京子)たちはBL漫画の締め切りに追われていました。

『天水館』のメンバーである目白先生が漫画の原稿に締め切りを間違えていたために尼~ずたちがアシスタントをしていたのです。

原稿の仕上げをしている時、月海は男同士が抱き合う場面の原稿を見て、蔵之介の兄・鯉淵修(工藤阿須加)に水族館で抱きしめられたことを思い出します。
月海は修に抱きしめられたことを蔵之介(瀬戸康史)に確認してますます動揺してしまいます。。

そんな時、蔵之介が水道をひねると水道管が破裂してしまいました!


↓↓ ドラマ海月姫全話を今なら31日間無料で見放題! ↓↓

※31日間無料キャンペーンが適用されるのは2018年6月末までです。

水道の修理代は20万円!!
尼~ずの全員からお金をかき集めたって足りません!

その修理代をまかなうために、倉下月海たちはフリーマケットでくらげのぬいぐるみを売ることにしました。1個500円のぬいぐるみが売れたことを知った蔵之介はネットで稼ぐと言い出します!
そして100個のクラゲをネットで売りさばき15万円をゲット!
千絵子の人形代5万円と合わせて水道代を工面することができました。

自分たちの力だけではじめてお金を稼いだ月海たちは、『やればできる!』ということを身にしみて感じます。

自宅に帰った蔵之介は修から天水地区の再開発によって天水館がなくなることを聞かされます。
それを聞いた蔵之介はすぐに天水館へ行き、そのことを尼~ずたちに知らせます。

天水館がなくなってしまうと尼~ずたちは大慌て。ここがなくなるとみんなは他に行くところがありません!

そこで、月海たちは天水地区の再開発の住民説明会に抗議に出かけることにしました。

そこで月海は修と再会します。

月海と修

しかし修は

「月海さんはいないの?」

と聞きます。

修は眼の前に居る月海が、水族館で抱きしめた月海だとは気づいていなかったのでした。

説明会の帰り、月海は会場に戻るのですが、修が、住民説明会のデベロッパーの女性・稲荷翔子と仲良く歩いているのを目撃してしまい、ショックを受けてしまいます。

稲荷翔子は天水地区の再開発を円滑に進めるため、有力政治家の息子である修を落とそうと考えます。月海が見たのはその場面だったのです。


↓↓ ドラマ海月姫全話を今なら31日間無料で見放題! ↓↓

※31日間無料キャンペーンが適用されるのは2018年6月末までです。

まやや、ばんばさんも大変身!天水館を守れ!

お風呂から出たまややは蔵之介によって大変身!

ばんんばさんも、月海も蔵之介の手によって超美しく変身させられました。

蔵之介が3人を美しくしたのには理由がありました。

蔵之介はみんなにこういいます。

世の中には見かけだけで判断する人がいる。
よろいをまとうのだ!
おしゃれは人を強くする武器だ!

 

さあ、美しくなってどうするのか!?
まだ具体的な方法はわからない!次回に期待したいです!

その頃、修は翔子の罠にハマります。
無理やり眠らされた修は衣服を脱がされて眠らされてしまいます。
朝起きると、隣には翔子が・・・・・

慌てて部屋を後にする修。
ややこしくなりそうな修の恋の行方・・・・

数日後、稲荷翔子は月海たちの住む天水館にやってきます。そこでなんと蔵之介は、天水館を購入し、自らオーナーになって天水地区の再開発を阻止しようと言い放つのです。

天水館

またとある日、蔵之介は女装をしない男の姿で天水館を訪れます。いったん帰ろうとしますが、天水館の住人達に遭遇してしまいそうになり、慌てて月海の部屋に駆け込みます。(天水館は男子は入れませんからね。

そこで見たのは、月海がウェディングドレスを着ている姿です。月海は、昔母が言っていた、
「女の子は誰でもお姫様になれる」
という言葉を思い出して、ウェディングドレスを着ていたのでした。

それを見た蔵之介は、月海のあまりの美しさに息を飲みます。
ドレス姿を見られた月海は、あまりの恥ずかしさに窓から逃げようとします。そんな月海に蔵之介は
「クラゲのドレスをつくろう。」
と提案するのでした。
そして、それが売れたお金で、天水館を購入しようと言い出したのです。


↓↓ ドラマ海月姫全話を今なら31日間無料で見放題! ↓↓

※31日間無料キャンペーンが適用されるのは2018年6月末までです。

「海月姫」2話の感想

今回も瀬戸康史さんの美しい女装姿をたくさん見ることができました。美少年は女装も似合うものだと、改めて思い知らされます。

また、稲荷翔子役の泉里香さんがとてもおきれいです。いかにも鉄壁の崩せない女、というイメージで、とてもコミカルに演じられていると思います。

そして今回のみどころは、なんといっても月海の心の動きです。修に対する恋心というか憧れのような感情に気づいていない月海ですが、それを見ているこちら側としては、むずがゆいような、かゆいところに手が届かないような感じがします。

甘酸っぱい恋、というのはまさにこのことを指すのでしょうか。テレビの前で思わずときめいてしまいました。

第二話でかなり話が進んでいったように思います。この先どのような展開を迎えるのかかなり楽しみです