2018年1月15日、ついにフジテレビの最新月9ドラマが放送を開始しました。

題名は『海月姫』。

今回はその第一話のあらすじと感想をまとめていきたいと思います。

主人公は20歳の倉下月海(くらした・つきみ)

イラストレーターを目指して鹿児島県から上京してきた女の子です。

実は月海は大のクラゲオタクで、都内のとあるアパートでオタク女子仲間とともに、外部との接触を避けて暮らしています。

オタク女子

そんなある日、クラゲをきっかけに月海はとある美しい女性と出会います。


↓↓ ドラマ海月姫全話を今なら31日間無料で見放題! ↓↓

※31日間無料キャンペーンが適用されるのは2018年6月末までです。

ひょんなことからその女性をアパートに泊めることになった月海ですが、なんとその女性は、女装した「女装男子」だったのです。

彼の名前は鯉淵蔵之介(こいぶち・くらのすけ)。大物与党議員を父にもつお金持ちです。蔵之介は趣味で女装をしており、その人生を謳歌しています。

鯉淵蔵之介

蔵之介は月海と、月海の住むアパートを気に入り、アパートに通うようになります。

オシャレ人間に耐性のないアパートの住人達は大騒ぎですが、だんだんと蔵之介とも打ち解けていきます。

ある日、蔵之介に連れられて、蔵之介の家にいった月海は、蔵之介によってオシャレをさせられます。

思わず蔵之介の家を出て行ってしまう月海ですが、部屋から出た瞬間に、蔵之介の弟である鯉淵修(こいぶち・しゅう)と出会います。

鯉淵修

オシャレをした月海の姿に惚れ込む修。そんな修を、蔵之介は応援しようとし、月海を水族館へ連れ出します。


↓↓ ドラマ海月姫全話を今なら31日間無料で見放題! ↓↓

※31日間無料キャンペーンが適用されるのは2018年6月末までです。


水族館で、母とクラゲとの思い出を思い出して涙する月海。

そんな月海を愛しく思った修は、月海のことを抱きしめる・・・というところで第一話が終了します。

主人公の月海を演じるのは芳根京子(よしね・きょうこ)さん。連続テレビ小説『べっぴんさん』でテレビドラマ初主演を果たした女優さんです。本作ではお下げ髪のめがね地味少女からオシャレをした姿までを見事に演じきっています。

蔵之介を演じるのは瀬戸康史(せと・こうじ)さんです。言わずと知れたイケメン俳優さんです。

瀬戸康史さんは本作にて女装にも挑戦しています。これから毎週、女装姿が見ることができるかと思うので、とてもお美しいのでそこにも注目です。

本作の原作は、東村アキコさんの人気漫画です。
以前、アニメ化、映画化を果たした人気作が月9ドラマになったことで注目もされています。

それぞれの媒体で、演じる俳優さんも違ってくるので、それぞれの俳優さんの違いにも注目して視聴していくとさらに楽しくドラマ視聴ができると思います。


↓↓ ドラマ海月姫全話を今なら31日間無料で見放題! ↓↓

※31日間無料キャンペーンが適用されるのは2018年6月末までです。