2月5日(月)の『海月姫』の4話のあらすじを紹介します!

前回の放送では、クラゲのドレスが出来上がったのですが、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)が男であると天水館の住人(尼〜ず)にバレてしまうところで終わります。


スポンサーリンク
 


月9ドラマ『海月姫』の4話のあらすじ

鯉淵修(工藤阿須加)倉下月海(芳根京子)がオタク女だと気づいた上で、自分の想いを届けようと天水館にやってきます。
しかし、修のことを『天水館を潰そうとしている側の人間』だと思っているばんばさん(松井玲奈)まやや(内田理央)は、修を追い帰してしまいました。

ばんば&まやや

ばんばさん達が月海に修を追い返した武勇伝を語っていると、ジジ様(小南晴夏)千絵子(富山えり子)が帰ってきました。

ジジ様と千絵子は、鯉淵邸で蔵之介が男だと聞かされたのに様子が変でした。二人は、『蔵之介は「ベルサイユのばら」オスカルだった。』と泣き崩れているのです。
ジジ様と千絵子は蔵之介が男だと分かり天水館の出入り禁止を伝えに言っていたのですが、蔵之介は、

「政治一家に女として産まれたが男として育てられた。」

と言われ、二人はその嘘を信じたのでした。


↓↓ ドラマ海月姫全話を今なら31日間無料で見放題! ↓↓

※31日間無料キャンペーンが適用されるのは2018年6月末までです。

まややはジジ様と千絵子が蔵之介に北京ダックを奢って貰った事を知り、自分達も奢って貰おうと蔵之介に電話をします。

まややたちは、蔵之介が「バタフライ」というクラブにいることをききました。
まややたち、「バタフライ」を蝶マニアが集うイベントだと勘違いして月海とばんばさんを連れて蔵之介のいるクラブに向かいます。

蔵之介はクラブで、桐山琴音(最上モカ)達にクラゲのドレスの写真を見せていました。

そこに月海達が到着しますが、そこはオシャレ女子の集まるクラブで月海達は浮きまくり。琴音達にバカにされてしまいます。
蔵之介は月海達を連れ出しますが、尼〜ずは傷つき帰ってしまいます。

ばんばさんとまややは2度と蔵之介とは関わらないと宣言します。

尼~ず

後日、蔵之介は琴音からクラゲのドレスを作って欲しいと言う連絡を受けます。

クラゲのドレスの写真を見た琴音が担当するミュージックビデオの監督がアーティストに着せたいと言い出したのです。

それを聞いた蔵之介は、早速月海達に話をします。

ドレスの蔵之介


↓↓ ドラマ海月姫全話を今なら31日間無料で見放題! ↓↓

※31日間無料キャンペーンが適用されるのは2018年6月末までです。


月9ドラマ『海月姫』の4話の感想

蔵之介が男であるということをどうにか尼〜ずに隠し通すことができ、今まで通りの関係に戻ったところにまた問題発生です。

2度と関わらないと宣言したばんばさんとまややに蔵之介はどんな風に接していくのでしょうか。予告を見る限り、無事に次のドレスを作り終え満足そうな顔の月海が分かりますのでどうにか問題を乗り越えたんだと思います。

尼〜ずの皆も、オシャレ女子に変身していたので蔵之介との関係がどう戻ってオシャレ女子に変身する流れになったのか気になるところです。

[douga3]