『健康で文化的な最低限度の生活』第2話をリアルタイムで見られなかった、録画出来なかったという時に、動画を無料動画で視聴できる方法があるかを調べてみました。


スポンサーリンク
 


『健康で文化的な最低限度の生活』第2話の動画は無料配信で視聴できる?

7月24日放送、カンテレ・フジテレビ系、火9ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の第2話を見逃してしまった方時は、放送終了から1週間以内ならTverで無料で見ることが出来ることがわかりました。

健康で文化的な最低限度の生活第2話をTVerで無料で見る。
→ TVer公式サイトはこちら(https://tver.jp)

健康で文化的な最低限度の生活は長いので以下『ケンカツ』にします。

『健康で文化的な最低限度の生活』第2話が無料試聴できない時は?

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)』第2話が、放送終了から1週間以上経ってしまった時は、U-NEXTで見ることができます。U-NEXTは、登録したはじめの一ヶ月間は無料でドラマや映画を見ることが出来ます。無料お試し期間であれば、解約しても費用はかかりません

入会時に600円分の券がもらえるので、見たいドラマや電子書籍を自由に購入することが出来ます。

ケンカツ第2話を無料で見る
→ U-NEXTの公式サイトはこちら(https://video.unext.jp)

もう一つ視聴する方法があります。FODで見るという方法です。
FODで見るときは「ケンカツ」は1話300ポイントで見ることが出来ます。

FODプレミアムは、月額888円(税抜)で、ドラマはもちろん、映画、バラエティー等の動画のほか、電子書籍を読むこともできます。

電子書籍は月額888円なのに、毎月1300円分のポイントが手に入り、書店で購入する以上の金額の小説や漫画を読むことができます。

また、書店で売られているもの100種類以上もの雑誌が無料で閲覧できます。

フジテレビ系列のドラマも無料で見られるものが多いだけでなく、雑誌や電子書籍も見ることができるというのは信じられない安さですよね。過去の人気ドラマ、『モンテ・クリスト伯』、『コンフィデンスJP』等々、全話視聴出来ます。

FODプレミアムは、登録コースが幾つかあって、今ならAmazonアカウントで登録すると一ヶ月間無料で視聴出来ます。

ケンカツ第2話を無料で見る
→FODの公式サイトはこちら(http://fod.fujitv.co.jp)

『健康で文化的な最低限度の生活』第2話はデイリーモーション(Dailymotion)やパンドラ(PANDORA)で無料視聴できる?

パンドラやデイリーモーションも無料視聴出来ますが、画像が悪かったり、数秒早送りされたり、途中で止まったりするようです。
サイト自体は違法ではありませんが、違法にアップロードされたものですので、知ってて見るのは良くないと思います。
また、海外のサイトなので、ウィルスの浸入にも注意した方がよいと思います。

1週間以内ならTVer。

それ以上経過した時はU-NEXTかFODをおすすめします。

ケンカツ第2話を無料で見る
→ U-NEXTの公式サイトはこちら(https://video.unext.jp)
→ FODの公式サイトはこちら(http://fod.fujitv.co.jp)

『健康で文化的な最低限度の生活』第2話ネタバレと感想

あらすじ(公式サイトより引用)

義経えみる(吉岡里帆)は、安定を求めて公務員になった新人ケースワーカー。生活保護を受給する110世帯の担当を任され、不安と戸惑いを抱えながらも受給者と向き合う日々がスタートする。

指導係の半田明伸(井浦新)のサポートもあり、受給者・阿久沢正男(遠藤憲一)の人生の再出発を手助けすることに成功、

「この仕事を続けていけるかも…」

という思いを胸に、別の受給者である母子家庭の日下部家に。そこで、仕事と子育てのほか、父親の介護もしているシングルマザーの聡美(江口のりこ)から褒め言葉をかけられ、すっかり上機嫌なえみる。

ギターに熱中している高校生の息子・欣也(吉村界人)には、音楽の夢を応援すると伝える。

しかし、聡美が娘・リナ(瑞城さくら)のSNSを見ていると、そこには、リナのお小遣いだけでは行けないような、おしゃれなスイーツ店や、カフェの写真がズラリ。

不審に思った聡美は欣也に相談するが、その反応は冷たい。

そして、欣也は母の目を盗んでリナにお金を渡す。

区役所では、栗橋千奈(川栄李奈)ら、えみる以外の新人ケースワーカーも、窓口を訪れる受給者たちに悪戦苦闘していた。

そんな中、課税調査の結果が判明し、えみるたちは上司の京極大輝(田中圭)から、生活保護を受給しながら収入申告を怠る、いわゆる不正受給について説明を受ける。

そして、不正を指摘された世帯のリストの中に”日下部欣也”という名前を見つける。

欣也は、バイトをしていたのに、申告をしていなかったので、不正受給になってしまい、全額返済しなければならなくなる。

欣也は、バイトをしてはいけないなんて知らなかった、と言い張る。

知らなかったなら全額返済しなくて大丈夫だと聡美に伝えてしまうえみる。

しかし、それは認められず、全額返済をしなければいけないことを欣也に伝えに行く。

しかも、欣也はバイトを続けていて、その分も返済しないといけないことを伝える。

バイトで自分で稼いだ金を返さなければいけないなんて、おかしい!と反発する欣也だった。

 

ケンカツ第2話を無料で見る
→ U-NEXTの公式サイトはこちら(https://video.unext.jp)
→ FODの公式サイトはこちら(http://fod.fujitv.co.jp)

『健康で文化的な最低限度の生活』第2話の感想(公式Twitterより)

◆主人公の服装が綺麗すぎるとか、ケースワーカーってもっと激務だよねとか、ツッコミはあるとしても、社会のあまりオープンにされない部分を照らしているこのドラマを見続けていこうと思いました。(寝不足・年齢不詳・性別不詳)

 

◆さて、私は問うてみたいのだが、今回の『健康で文化的な最低限度の生活』の「不正受給」。いつも、「不正受給してる奴らが悪い。本当に保護が必要な人たちが受けて欲しい」と言っている方々。2話を見て、どう思われましたか?日下部家は悪者ですか?(悠・年齢不詳・女性)

 

◆ 夢のためにお寿司屋さんでバイトして、お金ほぼ全額返還求められている高校生一家。金額気にせずお寿司食べるケースワーカー。んで、高校生の生活費はこの人たちが払う税金で成り立っている。生活保護の縮図!!良い悪いでなく、今日一番印象に残ったなぁ。(やみーぽん・年齢不詳・性別不詳)

 

◆このドラマというか原作は、新人ワーカーがやりがちなミスや抱える葛藤や苦労を本当にリアルに書いているので、えみるのように、昨年まで生活の修羅を知らない大学生だった新人が市民と制度の両方を守るハードな仕事について葛藤する姿をぜひ見て欲しい。(青い梟・年齢不詳・性別不詳)

5 展開予想とまとめ

生活保護の受給者一家は、バイトをしたら申告をしなければいけない。

しかし、高校生には、そこまで社会のルールについて、考えが回らなかったのも理解は出来ます。

バンドをやるためには、ギターやアンプ、必要なものはいろいろあります。

それを自分でバイトして買うことは、悪いことではないのに、生活保護を受けている為に、申告していないために、いきなり全額徴収というのは、決まりとはいえ、納得出来ないのも理解出来ます。

後からでも、申告すればいいという猶予も許されないのでしょうか?

日下部家の事情を思うあまり

「全額返済しなくて大丈夫だと思う」

と言ってしまって、聡美に期待をさせてしまったえみる。

第3話は、全額返済が原因で、欣也が荒れてしまい、日下部家が家庭崩壊してしまうようです。
えみるが、どうやって日下部家の人たちと向き合うのか。ハラハラしながら見守りたいと思います。

しかし、役所の決まりごとというのは、本当に厳しいのですね。

最後にドラマ『健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)』第2話を視聴出来るサイトをご紹介します。

1週間以内でしたら、Tver。

1週間過ぎてしまったら、U-NEXTかFODプレミアムがお勧めです。

ケンカツ第2話を無料で見る
→ U-NEXTの公式サイトはこちら(https://video.unext.jp)
→ FODの公式サイトはこちら(http://fod.fujitv.co.jp)