7月から始まる夏ドラマ『高嶺の花』。
石原さとみさんが主人公ということもあって注目が集まっています。

『高嶺の花』の主人公月島もも(石原さとみ)の恋人役は誰なのかも調べてみました。

2018年の夏ドラマ『高嶺の花』はどんなあらすじで、登場人物は誰なのでしょうか?出演者(キャスト)も紹介していきます。


スポンサーリンク
 


高嶺の花のあらすじ

月島もも(石原さとみ)は華道の名門「月島流」本家に生まれたお嬢様。
女性がほしいものは全て持っていて、その美貌からメディアからも注目されていました。
キャリア、財力、家柄だけでなく、圧倒的な才能までもったももは、自分が好きになった男性と結ばれ、何不自由なく暮らすものだと思っていました。

しかし、婚約者は二股交際をしており、式当日に結婚が破談になるという大惨事が待っていたのです。

自信を失った彼女の前に現れたのは、財力も家柄もない平凡な自転車店主、風間直人(峯田和伸)。
明らかな格差があり、不釣り合いな二人が恋に落ちてしまう物語です。

高嶺の花の登場人物とキャスト(出演者)を紹介

まずは人物相関図を紹介します。

高嶺の花人物相関図

月島もも(石原さとみ)

月島もも

華道の一大流派の一つ「月島流」本家の長女で29才。
ルックスもさることながら、財力、将来性、才能、家柄のどれも完璧で、ももは、いわゆる『高嶺の花』。
和装の美しさ、華やかさからファッション誌の巻頭になることもたびたびありました。
華やかな高嶺の花が故に自分の孤独さや繊細さは人には言えずにいたもも。
心から愛した非の打ち所のない婚約者からは二股の末に捨てられ、それが悪い噂となって広まり、ももは自信を失って華道の腕も振るわなくなり、男性不信となってしまうのです。
ももは立ち直ることができるのでしょうか。

なりたい顔ナンバーワンの石原さんには高嶺の花の役どころはぴったりですね。
心の内の繊細さをどんな風に演じてくれるかが楽しみです。

 

風間直人(峯田和伸)

風間直人

家業の自転車屋を営みながら10年母の介護をし、看取った39才。
不器用で要領が悪いので女性と付き合うことなくその年まできてしまい、母の遺言で結婚してほしいと言われて一念発起することとなります。
10年介護をして身につけた「話を聞く力」、「見守り力」、「寄り添う力」がももの傷ついた心を癒していきます。

 

月島なな(芳根京子)

月島なな

ももの異母兄弟で21才。
驚異的な才能を持つ姉を心から慕う心優しい妹。
傷ついた姉の復活を祈っていますが、後にももと後継者争いをすることとなります。
新興華道家・宇都宮龍一への恋心を抱くことでももを追い詰めることに。

 

宇都宮龍一(千葉雄大)

宇都宮龍一

新興流派『宇都宮龍彗会』を率いるクールでイケメンな31才の華道家。
ビジネス感覚に優れており、カルチャースクールのようなシステムを作って生徒を集めています。
亜流というコンプレックスから月島流を乗っ取ろうと企みます。
直人と仲良くなったももに近づき、ななの心も震わせていくことに。

 

この他にも月島家の家元役として月島市松(小日向文世)、ルリ子(戸田菜穂)が登場します。

月島もも(石原さとみ)の恋人役の峯田和伸さんはどんな人?

月島ももの恋人役は峯田和伸さん。
峯田さんは民放の連続ドラマに初出演ですね。まだ知らない方も多く、どんな直人を演じてくれるか楽しみです。

役柄は平凡なのに、峯田和伸さんはかなり経歴が非凡です。

峯田和伸さんはパンクロックバンド「銀杏BOYZ」のメンバーで、2005年の『ROCK IN JAPAN FESTIVAL05』で一糸まとわぬ姿になり書類送検されたことがあります。
07年7月28日にも台湾台北市でのコンサートで舞台の上で下半身を見せ、警察当局の取り調べを受けたこともあるそうです。

そんな峯田和伸さんですが、NHKから出演依頼が!?
NHKのBSドラマ「奇跡の人」で、主人公の亀持一択を演じることになりました。
このドラマでの峯田和伸さんの演技は好評で文化庁芸術祭で大賞を受賞。
その後、連続テレビ小説「ひよっこ」にも出演されています。

峯田和伸さんと石原さとみさんの画像です。とっても仲良さそうです。
峯田和伸さんが石原さとみ演じる月島ももの恋人役をどう演じるかがとても楽しみですね!