渡海征四郎(二宮和也)は東城大で禁止されてる近親者のオペを行った為、減給を病院長である守谷信明(志垣太郎)に言い渡されますが、実は帝華大学から倍の給料で引き抜きの話が来ていると言い東城大を去ります。

ブラックペアン7の1

ブラックペアン第7話(6月3日放映)のドラマのあらすじと感想を始めます。(ネタバレ注意)


スポンサーリンク
 


ブラックペアン第7話(6月3日放映)のドラマのあらすじは?ネタバレ注意

人の敵は人

国産ダーウィンのカエサルを推奨している厚生労働省の富沢(福澤朗)は東城大に来て東城大に入院中の山本翔子(相武紗季)がカエサルの治験にピッタリの症例だと佐伯教授(内野聖陽)に持ちかけます。この事で佐伯教授は誰かが帝華大学の西崎教授(市川猿之助)に東城大の患者のデータを流していると疑います。山本は帝華大学に行った渡海の担当患者でした。

山本の担当医は外科准教授の黒崎誠一郎(橋本さとし)になり、佐伯教授は高階権太(小泉孝太郎)をサポートにつけさせます。

ブラックペアン7の5

ブラックペアン7の2

治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)は山本に挨拶に行きますが、山本に会った木下はその場を去ります。

6年前、木下はオペの看護師をしていて山本と同僚でした。あるオペで木下は執刀医のミスの責任を取らされそのミスを証言をしたのが山本でした。山本は上から嘘の証言を言うように言われていたのです。
山本は研修医の世良(竹内涼真)と看護師の花房美和(葵わかな)に
「人の敵は人なんです。」
と言い、担当を変わって貰うように頼みます。
西崎教授は外科ジャーナル編集長の池永(加藤浩次)にダーウィンやカエサルでは今までは難易度の高い患者をオペしてきたが今回は失敗しようのない患者を選んでる、協力者がいて引き抜きましたと伝えます。

木下の過去

世良は渡海が出て行った仮眠室で渡海の荷物を整理しながら花房に
「渡海と佐伯教授の間には何かある」
と、高階と渡海の会話を思い出しながら話します。花房も渡海の父、渡海一郎と佐伯教授の論文を見つけたことを話します。
渡海は帝華大で首を痛がる患者を気にします。帝華大のパソコンを使用していたがIDがないと使えないもので、渡海にはカードは渡されていませんでした。
東城大では山本にペニシリンの投与をするように黒崎が看護師に指示を出していました。高階は世良を評価して今回の治験のオペのサポートについてもらうようにします。そんな中、山本がペニシリンアレルギーである事がわかり花房は急いで止めに向かいます。すると病室には木下がいてすでに止めていました。医院長の守谷は黒崎がそんな指示を出すはずがないと言い看護師を攻めます。花房は納得いかない顔ですが看護師の宮元亜由美(水谷果穂)は「すみません」と言います。
山本は
「まさか彼女に助けられるなんて、、、」
とやはり木下に治験コーディネーターの担当をして欲しいと頼みます。

ブラックペアン7の3

帝華大では首の痛みを訴えていた患者が心筋梗塞を起こします。帝華大外科医の武田がオペをしていたが、手の打ちようがないと判断して患者の命を諦めていました。そこへ渡海がきて
「やっぱりか、患者痛がってただろ?」
と武田の技術が足りずオペを終わらせようとしていた事を指摘し、
「帝華大が研究してるのは隠蔽か?辞表かけよ。お前の退職金1000万で揉み消してやる。」
と言います。武田は初めは断りますが患者の容体が悪化しどうしようもなくなり出て行こうとする渡海に助けを求めます。渡海はいつも通りの見事な手つきでオペを終わらせます。

オペ後武田は渡海に現金が入った封筒を差し出します。封筒の中身を確認し足らないと言います。今はそれだけしか用意できないと言う武田に

「じゃあ負けてやるからそれ寄越せ」
と武田のIDカードを要求します。

帝華大学では花房が木下に山本のペニシリン投与の件で助けてもらったお礼をします。
木下は患者や医療スタッフにとって最大の敵は病気ではなく
「人の敵は人なんです」
とと語ります。花房は山下も同じ事を言っていたと言い山本が過去の罪を悔やんでいる事を知ります。

ブラックペアン7の4

渡海は看護師の猫田(趣里)に電話をし頼みごとをします。

山本のカエサルでの手術が始まりました。今回は簡単な手術だということもあり無事に成功し、黒崎は後の処置は任せて出て行こうとします。しかし、世良が何かを見つけて待ってくださいと言います。
心臓内に血栓があり除去が必要な状態でした。医院長はカエサル手術を成功させたい為、血栓は放置して手術を修理するように指示を出します。
高階は患者にとって裏切り行為となると血栓除去をするように訴えますが、黒崎は院長指示に従い手術を終わらせようとします。
高階は私が処置しますと、世良をサポートに付けて血栓手術を行うようにします。黒崎は
「執刀医は私だ!勝手なことをするな!血栓なんて今はどうでもいいんだよ!」
と手術を止めようとします。院長も
「その通りだ。」
とカエサル手術を終わらせようとしています。一緒に見ていた木下は
「今の会話を患者様に全てお伝えしてもいいんですか。」
と言い血栓手術を進めさせます。
「必要ならルールは変えろ!規則にとらわれて命を失ってはならない!」
と黒崎に凄みます。最後の仕上げには黒崎がやると言って変わり無事に終了します。
手術成功を医院長や佐伯教授が喜んでいると渡海が現れ、猫田が看護師の宮元亜由美(水谷果穂)と花房を連れて来ます。

ブラックペアン7の7

まだやることがあるからな

渡海は東城大の患者のリストが帝華大にあったと話します。そこにはID番号が書いてあり、そのIDは宮元の物でした。自分の意思でやったとは思えない木下は
「何があったのかおしえて、私が守るから。」
と言いますが黙っています。渡海は
「お前の親父、東城大の特別室に入院してるな。だれに都合つけてもらった?それと引き換えにデータのコピーをさせられた。誰?言えよ!」
と、容赦なく宮元に詰め寄ります。
「こういう教育はしっかりされてるんですね。守谷医院長。」
と言いますが、守谷医院長は証拠はないと言い張ります。渡海は1枚の紙を見せます。そこには帝華大にリストを送ったことがわかる守谷からのメールの内容でした。
佐伯教授は
「自分の利益の為に、患者のデータを漏らすのは犯罪だ。」
と言います。なんでもすると言う守谷に東城大に渡海を戻す許可と倍の給料を医院長の自腹で払うように要求します。
花房は渡海に
「ありがとうございました。東城大に戻ってくださるんですね。」
というと
「まだやることがあるからな」
と言います。
高階は西崎と電話で話をしています。
「守谷はいずれ切るつもりだった。これでお前が東城大から疑われることも無くなっただろう。一気に治験を進めて論文を完成させろ。」
と言います。また佐伯教授に邪魔をされるかもしれないと心配する高階に、西崎は「佐伯はもう何もできない」と言います。そこに池永が現れ、
「西崎教授が言って言っていたことが本当ならば佐伯教授は研究者として問題があります。その真意をといたいものですね。」
と西崎は佐伯教授の何か弱みを握っているようです。
東城大では世良と花房が仮眠室に渡海の荷物を持っていき整理しています。花房は渡海がまだやることがあると話していたことを世良に話します。
そして以前ここで心臓部にペアンが写っているレントゲン写真を見たことを話します。

感想

今回は治験コーディネーターの木下の過去が分かりましたね。お父さんの話などは無かったですが、渡海が帝華大に行ったり世良が前回から凄く成長していたり、高階と世良が渡海の意思を継いでるかのような手術だったり見所満載でしたね。
渡海も佐伯教授も西崎教授もいつも
「いつからわかっていたの⁉︎」
と思うような展開にいつも驚かされます。佐伯教授が守谷医院長に渡海を東城大に戻して倍の給料を医院長の自腹でと話していたシーンには思わず
「うわー!(笑)」
って声が出てニヤケました。
今回でつくづく現実でもこんなやり取りが行われていたら病気してどの先生に当たるのか次第で自分の命が左右されるものだなと怖くなりました。高階や世良みたいにどうにか患者を助けようとする医者と武田や黒崎みたいに自分が出来なかったらもう無理だから助からないと諦められる医者、どちらに当たるかで自分の命が決まるなと考えさせられました。

ブラックペアンを第1話から全話見たい!と思ったら
↓     ↓     ↓
PARAVI