ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)はリチャード(小日向文夫)から依頼を受けます。
元モデルで女医の美濃部ミカ(りょう)をターゲットにする依頼です。

コンフィデンスマンJP第8話(5月28日放映)のドラマのあらすじと感想を始めます。ネタバレ注意です。


スポンサーリンク
 


コンフィデンスマンJP第8話(5月28日放映)ドラマのあらすじ(ネタバレ注意)

美のカリスマ女医ミカ

リチャードは通っていたメンズエステの経営者福田ほのか(堀川杏実)が店を畳みミカの店に転職をする話を聞きます。ミカは美容整形クリニック⦅ミカクリニック⦆を開業後次々に店を展開して成功して美のカリスマとして崇められていました。
ほのかはミカに憧れており転職の事を嬉しそうにリチャードに話をしていました。

コンフィデンスマンJP8話9

しかし、その後ほのかから弁護士としてほのかに接していたリチャードにミカをパワハラで訴えたいという相談が入ったのです。

ミカはほのかのがぽっちゃりな体型について豚田ブー子と呼ぶなどさげすみ、痩せるように言っていました。これが何ヶ月も続いて精神的に病み退職して引きこもりになってしまったようです。
リチャードはミカから慰謝料を取りたいから力を貸して欲しいと2人に頼みます。ダー子は
「男って年取るとぽっちゃりくらいが良くなるのよ〜」
とリチャードの気持ちが分かるように言いますが、その言葉に腹を立てたリチャードはボクちゃんと2人で計画を立てる事にします。
ボクちゃんは韓国コスメのショップ店員に扮しミカに近づきますが
「男性は中身を磨けばいいの、美は女性のものだわ」
といわれ計画は失敗。
仕方なくダー子に手伝ってもらう事にします。ダー子はフランスの老舗化粧品ブランド、シャルパンティエの娘に変装しますが、ミカに近づこうとした際何か気づき、
「ボクちゃんと同じ過ちを犯すところだった」
といいアジトに戻り作戦を変更します。

コンフィデンスマンJP8話2

コンフィデンスマンJPを第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

弁天水

次の作戦は冴えない女性に変装し、街でミカビューティカルテの出演依頼を受けます。ミカがメイクを施す番組で
「おいくつですか?」
と聞かれ40と答えるダー子。
みずみずしい肌のダー子を見てどんな手入れをしているのかと聞くミカにダー子は
「たいしたことはしてないんです。」
と語ります。

コンフィデンスマンJP8話4

ダー子は楽屋でメークを落として化粧品らしいスプレーをしてそそくさと出て行きます。ミカはダー子が忘れていったスプレーに気づき⦅弁天水⦆と書かれていたスプレーの水を調べます。ミカは売り上げに伸び悩み新製品を探していたのです。弁天水が手作り化粧水であることがわかり、ダー子が山形から来たというのを思い出し山形と弁天水についてネットで調べます。
すると、あるオカルト雑誌で、山形に住人全てが美人だという美人村の紹介がされている事をを知り雑誌の出版社を訪れます。
編集長兼ライターに扮した五十嵐(小手信也)はミカと共に美人村に訪れます。
五十嵐はミカに村の昔話を聞かせます。美しい女性が井戸に身を投げて以来井戸水で生活している人達はみんな美しくなったという話です。
村にいる全ての女性が美人だと驚くミカの前にダー子が現れます。

コンフィデンスマンJP8話1

ミカはダー子に
「この化粧品は貴方が作っているの?」
と忘れていったスプレーを見せられます。
ダー子は村長に扮したリチャードの勧めで古い家屋にミカを連れて行きます。
そこには沢山の壺が並べてありそこにある化粧水をミカはふさわしい額で買い取るので分けて欲しいと言います。
しかしダー子は
「弁天水は村から出してはダメな掟があるんです!」
と頑なに掟を守るため断ります。

コンフィデンスマンJP8話8

ミカの秘書は弁天水が分析結果上でただの化粧水だと伝えるがミカはすっかり弁天水の魅力に取り憑かれた様子です。そこで村長のリチャードが弁天水を作っている土地が固定資産税の滞納が続いている事を切り出します。
税金を払って土地ごと買い取れば全てが手に入ると五十嵐がミカに呟きます。
ミカはこの話に乗って来るだろうと思われますが、
「来週のミカコンテストに出ましょう!」
とダー子をコンテストに誘います。もちろんコンテストでは優勝します。

コンフィデンスマンJP8話5

コンテスト終了後、ミカはダー子に人を綺麗にできる素晴らしさを知って欲しかったと語ります。

コンフィデンスマンJPを第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

世界中の人を綺麗にしてあげたい

「貴方と一緒に仕事がしたいの。世界中の人を綺麗にしてあげたいのよ!」
そう力説するミカにダー子は
「どうしてそこまで綺麗にしてあげたいとおもうんですか?」
と尋ねます。
ミカは過去の話を語り出します。ミカが6歳の頃、美しかった母が顔に火傷をおってしまいミカの父は火傷を負った母を恥ずかしがり外に出させません。そんな父は外に女性を作り離婚となったのですが、火傷のせいで仕事も見つからず苦労をして亡くなったのです。涙ながらにミカは
「だから決めたの、世界中の母みたいな人を救うんだって。それが私の夢」
そう言います。
ミカはダー子が弁天水で世界中の人を綺麗にしたいと思ったら連絡をしてと伝え「いくらでも出すわ」と去ります。
ダー子とミカの話を隠れて聞いていたボクちゃんとリチャードはミカの話で完全に同情しています。
五十嵐が週刊誌を持って「どういう事だ!」とアジトにやってきます。週刊誌にはミカの暴言を告発する内容でパワハラだけではなく有る事無い事嘘で盛られている内容でした。
ミカを売ったのはリチャードを頼ってきた元メンズエステの経営者ほのかでした。

コンフィデンスマンJP8話7

ほのかはリチャードがなかなか動かないから他の弁護士に頼んで出版社から50万、ミカから慰謝料としつ100万をもらっていました。
「凄くないですか〜?合計150万ですよ!」
と喜ぶほのかにリチャードは何も言えませんでした。
ミカはその後、週刊誌の記事が原因で社長を辞めます。
ダー子は新社長に弁天水を売り込むが価値がないと言われ失敗します。
半年後、ミカの様子を見に行ったダー子達は、団地で暮らし2人の息子に弁当を渡して学校へ送り出している姿を見つけます。そして、ヨモギを採取したミカは近所の主婦に
「ここに生えてるヨモギ、凄くいい香りがする!サプリにすれば良いものができる!」
と出来たらおすそ分けすると言って近所の主婦を喜ばせていました。
その様子にダー子達も笑顔になります。

コンフィデンスマンJPを第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

コンフィデンスマンJP第8話の感想

今回はダー子達は一線の儲けも出来ず失敗に終わりましたね。
ほのかは最初から怪しい気はしてました。ミカも完全に悪役という感じはなかったですしね。

毎回ダー子達は騙してる側なんですけど、やっぱり最後はなんだか幸せな気持ちにさせてくれるコンフィデンスマンですよね!
そして皆さん気になってると思いますが、五十嵐の活躍がメインの3人以上になってきてる気がします。
なかなかのキャラで私は好きです。

次回は《スポーツ編》でゲストは小池徹平です。スポーツ、似合いそうですね。
次回も3人、そして五十嵐の活躍を期待しましょう!

また見てみたいので、ちょっとネットで調べてみましたが、コンフィデンスマンJPを見れる動画配信サービスが2つありました!

「民放公式テレビポータルTVer」と「FOD」です。

それぞれの特徴をまとめておきます。

民放公式テレビポータルTVer
・無料でコンフィデンスマンJPを見れる。
・ただし放送後1週間分だけ。それ以上前の回は見ることができない。

FOD
・コンフィデンスマンJPの放送された回は全話見れる。(シグナルは有料)
・有料(無料お試しあり)
・無料マンガが読めたり、無料雑誌が配信されています。
 無料雑誌の例
 FRYDAY(フライデー)、週刊ポスト、女性セブン、女性自身、MOA、美的、LEE、 Seventeenth(セブンティーン)、東洋経済、Newsweek、サライなど90冊以上

・放映中のドラマだけでなく、過去のドラマや国内国外の映画、ライブ、ドキュメンタリーやアニメなどの動画も見放題。
 見放題の作品例
 コンフィデンスマンJP、コード・ブルー、亜人、帝一の國、ゴールデンカムイ、東京喰種など

 
FODは有料のサービスですが、今なら一ヶ月間は無料で見れるので、まずは試してみても良いかもですね!月間利用者数300万人以上(2016年調べ)の大手です。
TVerの公式サイトはこちら
FODの公式サイトはこちら