桜井班長が冷凍車爆発の事故に巻き込まれるという悲惨なことが起きてしまった城ヶ丘地区連続窃盗事件。
過去を変えてしまったために起きた事件は取り返しのつかないものでした。

工藤は犯人ではなく白石だと気付いた大山刑事は三枝健人に伝え、盗んだ品物を見つけようと動き出す2人。盗んだ品物を白石が持っていれば証拠になるからです。

真犯人が見つかればすべてが変わる、と心に決めた健人。
大山刑事と協力して、真犯人と決定的な証拠になる盗んだ品を見つけることができたのでしょうか。

シグナル長期未解決事件捜査班(5月22日放映)第7話のネタバレのあらすじと感想をはじめます。


スポンサーリンク
 


シグナル長期未解決事件捜査班5月22日第7話のあらすじ(ネタバレ注意)

工藤さん、お願いします

工藤の取り調べを始めた三枝健人(坂口健太郎)。健人が知りたかったことは、工藤と白石の接点だった。健人は工藤の目を見ながら静かに話し始めた。

工藤を取り調べる三枝

「あなたは復讐する人を間違えた。矢部さんも被害者なんです」

「それにあなたは、桜井刑事まで殺してしまった。あの人は警察の中でもただ1人あなたを理解してくれる人だった」と話す健人。

「あいつは自分の娘を優先させた。」「俺を理解出来る奴なんてどこにもいない」と怒りに声を大きくして、立ち去ろうとする工藤。

「真犯人をこのままにしていてもいいんですか。無実のあなたに罪をきせてあなたの人生がこれだけ狂ってしまったのに、真犯人は何も知らずに幸せな生活を送っている」 

「今からでも罪を償わせるべきだ」と、健人は、思いを強く訴えるが、何も答えない工藤。

ふと桜井刑事に言われたことを思い出す健人。

あなたのそのやりかたを変えないと誰もあなたに耳を貸さない、と。

健人は工藤への態度を改めた。そして、

工藤さん、お願いします。どうしてもあなたの協力が必要なんです。お願いです。力を貸してください

と、頭を下げると、工藤の表情が変わった。

頭を下げる三枝

工藤は当時のことを話してくれることになった。しかし、20年も前のことを簡単に思い出すことはできなかった。

健人は、1998年当時の出来事とその頃の工藤の仕事や生活に関連づけた話をしながら、工藤に質問をし、ゆっくり当時のことを思い出す作業を始めた。

1998年の大山刑事は、事件の盗品リストを質店を回り、聞いて回ったが、見たものはいなかった。窃盗の前科がある人間にもあたってみたが見つからない。途方に暮れて座り込む大山刑事。

大山刑事は、ふと健人に言われたことを思い出す。事件のあった3軒の家の息子は同じヨットクラブのメンバーだったと。

白石のクルーザーを見に行った大山刑事はデッキで驚くべきものを発見した。鑑識で調べた結果コカインであることがわかった。

コカイン反応

そのことを岩田係長に伝えるが、絶対的な証拠がなければ手を出すことはできない、と言われる。白石は、経済界に権力がある白石重工の息子だからだった。

健人は工藤に事件のあった3月から5月中旬にかけての期間の出来事を話しながら、ゆっくり質問をしていた。

ゴールデンウィークの話をしていた時に、工藤が思い出したことを話し出した。同僚がゴールデンウィークに家族旅行がしたいから、と担当地区を引き受けたことがあった。それが白が丘地区だったかもしれない、と。

シグナル長期未解決事件捜査班を第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

工藤と白石の接点

どんな家に配達しましたか?と健人が聞くと、

工藤は、すごい門構えの家で、そこの息子と揉めた、と話し出した。

工藤が荷物を届けるために家の前に車を止めていると、白石の長男が帰ってきて荷物を渡そうとして突き飛ばされ。その時郵便受けに手を触れていたのだった。

健人は、大山刑事に工藤と白石の接点を見つけたことを知らせた。大山刑事は白石家の前で張り込みをしていた。

大山刑事は、たったそれだけの事で工藤を身代わりにした白石に怒りを感じていた。
そんな事で、工藤は一番大切なものをなくした。お金と権力があれば、なんでもできるのか、20年後は少しは変わっているのか、と健人に聞いた。

健人は今も変えられていない、何としてでも白石を逮捕してください、と訴えた。

そこへ帰ってきた白石。
大山刑事は白石の車の色を見て何か感づき、必ず逮捕します、と健とに伝えた。

大山刑事は白石の家へ行き、車を確認した後、隠していた青い車の隠し場所に向かった運転手の後をつけ、青い車を発見した。

青い車を発見する大山刑事

車の中から盗まれた宝石を見つけた大山刑事は、運転手を連れて警察で報告した。

岩田係長が了解し、捜査令状を持って白石を逮捕した。

白石が連続窃盗事件の犯人として逮捕されたことが報道された。それを警察で見ていた中本刑事部長は、ある人物からの電話を受けていた。

白石逮捕大山刑事

そして、健人が城ヶ丘地区連続窃盗事件の資料を見ると、被疑者の名前が白石に変わっていた。

シグナル長期未解決事件捜査班を第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

過去が変わっている

「過去が変わっている….」

健人が出勤すると、桜井の机に上着がかけてある。ふと、声がして振り向くと、そこには桜井がいた!!
驚く健人。桜井は風邪で休んでいたと言う。
誘拐事件のことなど何も知らない桜井に、無茶をしないで自分を大切にしてください、と伝える健人だった。

見つけた盗品の宝石を確認している大山刑事たち。その中にリストにないフロッピーディスクを見つける。
ディスクに入っている情報を確認した大山刑事は、議員の名前と大金が動く帳簿の情報を見た。
机にそのフロッピーを隠す大山刑事。

料亭を訪れた中本刑事部長は、ある人物に会っていた。
「白石重工は我が国にとってなくてはならない企業だ。」
と言われ、深々と頭を下げる中本刑事部長。

管理官

桜井刑事の快気祝いをしようと、居酒屋にやってきた未解決捜査班の4人。それぞれどの未解決事件を再捜査したいか、という話題になり山田(木村祐一)が白石の事件の話をし、白石が不起訴処分になった、という事実を聞く。

不起訴処分になり警察から出てくる白石。大山刑事を見て薄笑いを浮かべる。大山刑事は村田係長に詰め寄ると、被害にあった3軒の家が全て、被害届を取り下げ、示談も成立している。
不起訴処分は仕方がない、と村田係長が言う。

怒る大山刑事の様子を心配そうに見つめる桜井。村田係長に本当にそれでいいのか、とつかみ掛かった時、他の刑事が言った。

「大山さん、工藤が….」

逮捕されて警察に来た工藤は、路上で矢部を刺して殺してしまった。

どうしてなんだ….と、言う大山刑事に、あいつには自分の罪を償わせた、と工藤。

こんなことなら、お前を無実だと離さなきゃよかった、と大山。

それなら出所した後にやるだけだ、何も変わらない….と工藤。

世の中は不公平だ、本当の悪党は野放しにされて…. 俺は絶対許さない..と大山。

シグナル長期未解決事件捜査班を第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

この事件にはもう関わるな

机に入れたフロッピーディスクを探す大山刑事。フロッピーは班長と中本管理官が持っていったと刑事たちから聞く。

中本管理官にフロッピーのことを聞きにきた大山刑事は、この事件にはもう関わるな、と言われる。

裏帳簿を記録したフロッピーが警察に渡ってしまったことで慌てた議員が中本を使って取り戻させた、と言い当てる、大山刑事にこの件は忘れろ、と警告する中本管理官だった。
「俺は諦めない、必ず証拠を突き止める」と、大山刑事。

工藤のことを刑務所に聞きにきた、健人は刑務官から工藤が亡くなっていたことを聞く。
健人は思った。

たとえ、過去が変わっても世の中の不公平さは変わらないのか。と。

無線機のシグナルが光り、大山刑事の声が聞こえる。

白石を逮捕したが、不起訴処分になってしまった、と。

俺たちのやっていることは意味があるんでしょうか。混乱を招くだけなのでは?と健人。

そんなことはありません。金持ちでも権力者でも罪を犯したら償うべきです、それができるのは我々警察官だけです。この先も諦める気はありません。やらなくて後悔するよりやって後悔した方がマシです。

桜井が同じことを言っていたことを大山に伝える健人。桜井の話をする2人。桜井も絶対諦めなかったと。

桜井のことを話す大山

その時、その様子を見ていた人物がいた。

自分の未来は気にならない。健人を信頼している、と大山刑事は言い、通信が切れた。

「過去は変えられます、絶対に諦めないでください、」と言った後、銃声が聞こえたあの時のことを思い出す健人。

その様子を見ていたのは岩田係長だった。大山?どういうことだ。驚いて震える岩田係長。

桜井から大山のことを聞く、健人。2000年に失踪した時、一人で事件を追っていた。
武蔵野市で起きた集団暴行事件。

大山が暴力団に賄賂をもらったとか、絶対違う、何か別の理由があったと思っている、と桜井は言う。

大山を信じる桜井刑事

なぜ、大山先輩にこだわるのか、と健人に聞くが、健人は話したところで、あなたが信じるわけがない、と伝える。

シグナル長期未解決事件捜査班を第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

終わりにしましょう

病室で呆然とする岩田係長。入院していた娘が亡くなったのだった。中本に呼び出された岩田は、三枝健人は加藤亮太の実の弟じゃないか、と怒鳴りつけられる。そして、これからは三枝を見張れ、この事件の真相がバレて困るのはお前だ。と言う。

終わりにしましょう、と岩田。もうあなたの指示には従いません、と立ち去る。

シグナル第7話

兄の事を思いだす健人。
大山刑事に通信し、武蔵野市の集団暴行事件の真相を教えて欲しい、と頼む。

三枝に岩田から電話があり、加藤亮太の弟なら、この事件についてこれ以上関わるな、真実を知ればお前も兄貴と同じめにあう、と。

それでも、知りたい、命をかけても真実を明らかにしたいんです、と健人。

そこまで覚悟ができているなら、3時間後に東京城西病院に来い、と岩田。

岩田係長はどこまで知っているんですか?と聞くと、

お前が知りたいと思っていることのすべてだ、兄貴のことも大山のことも、と岩田。

三枝

岩田係長

その前に一つやらなければならないことがある。

3時間後、健人が東京城西病院に来ると、猛スピードで走っていく車とすれ違う。

約束の場所で電話をすると、近くで岩田係長の携帯の音が。音のする場所に向かうと、岩田が腹を刺され瀕死の状態になっていた。

岩田係長瀕死

シグナル長期未解決事件捜査班を第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

シグナル長期未解決事件捜査班5月22日第7話の感想

大山刑事は、健人からの情報をもとに白石のヨットを調べ、盗品を見つけ白石を犯人として逮捕する事が出来ました。城ヶ丘地区連続窃盗事件の犯人は白石家の長男だ、と過去の出来事が変わったことで、また現在が変わりました。

工藤は娘を見殺しにしたと矢部を恨んで殺し、刑務所に入り、その後亡くなっていたのです。
そして、工藤も矢部もいなければ、冷凍車が爆発する事故も起こらず、桜井刑事も無事なわけですね。
そのことを知っているのは三枝健人一人、1998年の大山刑事は知りません。

一つの事件がまた終わり、過去が変わったのですが、何ともすっきりしません。
そして、この事件が起きたことで大きなものが動き出しました。
大山刑事の失踪の原因にも通じて来る事件のようですね。警察内部の問題かもしれません。

中本刑事部長と岩田係長は何を隠しているのか、大山刑事はどこにいるのか、7話ではまだはっきりとわかりませんでした。じりじりと迫って来る大きな闇を健人は解明することができるのか、そして大山刑事の行方はわかるのか、次回の展開も見逃せません。

また見てみたいので、ちょっとネットで調べてみましたが、シグナル長期未解決事件捜査班を見れる動画配信サービスが2つありました!

「民放公式テレビポータルTVer」と「FOD」です。

それぞれの特徴をまとめておきます。

民放公式テレビポータルTVer
・無料でシグナル長期未解決事件捜査班を見れる。
・ただし放送後1週間分だけ。それ以上前の回は見ることができない。

FOD
・シグナル長期未解決事件捜査班の放送された回は全話見れる。(シグナルは有料)
・有料(無料お試しあり)
・無料マンガが読めたり、無料雑誌が配信されています。
 無料雑誌の例
 FRYDAY(フライデー)、週刊ポスト、女性セブン、女性自身、MOA、美的、LEE、 Seventeenth(セブンティーン)、東洋経済、Newsweek、サライなど90冊以上

・放映中のドラマだけでなく、過去のドラマや国内国外の映画、ライブ、ドキュメンタリーやアニメなどの動画も見放題。
 見放題の作品例
 コンフィデンスマンJP、コード・ブルー、亜人、帝一の國、ゴールデンカムイ、東京喰種など

 
FODは有料のサービスですが、今なら一ヶ月間は無料で見れるので、まずは試してみても良いかもですね!月間利用者数300万人以上(2016年調べ)の大手です。
TVerの公式サイトはこちら
FODの公式サイトはこちら