健人(坂口健太郎)が大山刑事(北村一輝)に教えた情報でまたしても変わってしまった過去。通信機の向こうで泣いている大山刑事。一体何が起こったのでしょう。そして、過去が変わったことで現在に事件が起きました。

大山刑事が1998年に逮捕した工藤(平田満)は、2018年に出所して誘拐事件を起こしました。目的は何なのか、そしてこの事件の展開はどうなったのでしょう。

注目のシグナル第6話(5月15日放映)のあらすじと感想をお話ししますね。


スポンサーリンク
 


シグナル5月15日第6話のあらすじは?(ネタバレ注意)

工藤は犯人じゃありませんでした

「工藤は犯人じゃありませんでした。」
「この事件は未解決でよかったんです、なのに俺がよけいなことをしたせいで」
と、泣きながら話す大山刑事。

泣いて話す大山

健人は何が起こったのかわからず、呆然と聞いていた。

1998年 大山刑事の情報で鑑識が郵便受けの指紋を採っている。そして、被害者宅の男性が目撃した男の写真として指差されたのは工藤だった。

大山が工藤を逮捕しに行くと、工藤はやっていないと言う。娘の和美も強く訴えるが大山は工藤を逮捕し、娘を親戚の叔母に預けるためにバスに乗せたのだった。

娘の乗ったバスを見送り、警察に向かう工藤。

工藤の娘

2018年 誘拐された娘の父親は、娘も私もあのバスに乗っていて事故に巻き込まれた。命は助かったが娘は今でも後遺症に苦しんでいる、と桜井班長(吉瀬美智子)に話す。

父と娘の座席の前に座っていたのが工藤の娘だった。

誘拐された娘から電話が入る。ここは、広くて寒いと、
その情報から冷凍車の中である、と推測した桜井。しかし、慎重なはずの工藤が、なぜ携帯電話を取り上げなかったのかと、不審に思うのだった。

そこへ、健人から電話が入る。

「工藤の目的は誘拐ではない。工藤の娘と矢部さんと娘さんはあのバスに乗っていて事故に巻き込まれた。工藤は矢部さんを恨んでいるんです」と。

警視庁に到着した大山刑事と工藤は、騒然としている署内の様子から管轄内で大きな交通事故が起こったことを知る。テレビのニュースに移されている事故現場の救助の映像を見て大山は驚き、工藤を呼ぶ。

工藤の娘、和美が乗ったバスが事故にあったのだった。救助を必死に願う中、バスが爆発し、半狂乱になる工藤の目に映ったのは、娘を車内に残したまま激しく燃えるバスと直前に救助された親子の姿だった。

「工藤は自分の娘が死んだのは、矢部さんのせいだと思って恨んでいるんです」と、車を走らせながら桜井に訴える。

「それは一体誰から聞いたの?」と桜井が聞くと、健人は
「事故の目撃者です」と。

「工藤は矢部さんに娘を助けられなかった自分と同じ思いをさせるためだ、工藤の目的は金じゃない、矢部さんへの復讐だ」

「工藤は、復讐をするのに一番ふさわしい場所を監禁場所に選ぶはず。バス事故の起きた現場付近です」と、健人が言う。

桜井は、矢部が携帯電話を見ていたことを思い出し、姿を探すが見つからなかった。

健人が大山刑事から聞いた事は驚くべき事だった。工藤が事故の起きた時刻にアリバイがあった事がわかり、犯人ではないとわかったが、上からの指示で逮捕され、それを知った大山も逆らうことはできなかった。そして、護送される際、工藤は大山にお前のせいで和美が死んだ、と激しく怒りをぶつけてきた。

ドラマ『シグナル』を第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

工藤の復讐

大山のせいだという工藤

この事件は未解決でよかったんです、俺がよけいなことをしたせいで、と言う大山刑事。
健人は大山刑事の言葉を思い出し、「俺のせいだ。俺がなんとかしなくては」と
事故現場付近に車を急がせる。

矢部の携帯を追跡していた山田(木村祐一)だったが電源が切れていた。桜井は、健人の情報で、1998年の城西バスの事故現場に向かっていた。

橋の上で誰かを一人で待っている工藤。そこに現れたのは、矢部だった。矢部は工藤から携帯電話で監禁された娘の写真とバスの事故現場に来い、警察に知らせたら娘は死ぬ、と言うメッセージを受けていたのだった。

「今どんな気分だ。お前も昔、ここで同じことをしただろう。お前も同じめにあわせてやる。

と言う、工藤に

「悪かった。娘の命だけは助けてくれ」とすがる矢部。

娘を人質にされた父親

工藤は、矢部への復讐として、目の前で娘が死ぬ苦しみを味わわせる、と言うことを計画したのだった。

橋の下の駐車場に止まっている1台の冷凍庫を見て、

「こんなことをしている場合じゃないだろう、早く助けにいけよ」と言う工藤。

急いで冷凍車へ向かう矢部。

健人は、バス事故の現場付近を探していて橋のうえに立っている工藤を発見し、矢部の娘の居所を聞く。

何も答えない工藤が向いた方向に冷凍車が見えた。冷凍車に向かって走っていく矢部の姿。冷凍車を開けようとするが開かない。

健人が桜井に連絡し、桜井も現場に向かう。

その頃、警察官たちが倉庫に止まっていた冷凍車を発見する。

工藤を誘拐の容疑で逮捕する健人。桜井が現場に到着する。

「短すぎる、俺の20年に比べたらあっという間だ」と言う工藤。

健人は、刑務所に聞き込みに行った時に刑務官から聞いた話を思い出す。

娘が事故で焼死、何度も脱走を試みたが逃げ切れず、電気技術の資格を取る勉強をしていた、と。

電気技術、冷凍車の監禁、ということに何かを感じる健人だった。

工藤になぜ電気技術を学んだか聞くが黙っている。

冷凍車に充満するガスを思いついた健人は、桜井を止めようと走り出すが、冷凍車をこじあけて、矢部の代わりに車内に入った桜井が、中にあったスイッチを触った瞬間、火花が散り、冷凍車が爆発した。

車が爆発

その頃、他の場所で警官たちが冷凍車内にいた矢部の娘を助けていた。

桜井を庫内に残したまま、爆発した冷凍車。健人も爆風の為に、意識を失った。

目覚めた健人が見た光景は、燃える冷凍車の中から運ばれてきた桜井の変わり果てた姿だった。

無事に助け出された矢部の娘。逮捕される工藤。そして、冷凍車内で爆発に巻き込まれて亡くなった桜井。焼け焦げた警察手帳を握りしめる健人。

桜井の突然の殉職に、泣き叫ぶ山田と小島(池田鉄洋)。岩田は呆然と立ち尽くしていた。

「この事件は未解決でよかったんです。俺がよけいなことをしたせいで」と言った大山刑事の言葉を思い出す健人。

桜井刑事の位牌

未解決事件捜査班の桜井のデスクの遺品を家族に引き渡すと片付けようとする警官を怒鳴りつけている健人。

岩田がやってきて、命令したのは俺だ。チームに欠員は出たが人員の補充はしない、と冷たく命令をする。健人は、昨日まで一緒に仕事をしていた同僚なのに冷たすぎる、と怒りをぶつける。

「お前は近くにいたそうだな」と、健人の胸ぐらを掴み、怒りに震える岩田だった。

未解決捜査班はそのうち解散だ、しばらく耐えてくれ、と言い立ち去る。起こってしまった取り返しのつかない出来事にただ、何もできずその場を立ち去るしかできない健人だった。

ドラマ『シグナル』を第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

冷静に距離を置いて事件を推測して

帰り際、慶明大学の安西(青野楓)と出会った健人は、安西から桜井がいつも健人のことを生意気で理屈ばかりこねるけど、刑事として一番大切なものはちゃんと持っている、と話していたと聞く。

健人は屋上で一人、今まで桜井に言われた言葉を思い出していた。

「そのやり方を変えないと誰もあなたに耳を貸さない」
「あなた、プロファイラーでしょ。冷静に距離を置いて事件を推測して」

健人は、事件の概要をもう一度書き出し、距離を置いて冷静にプロファイルを始める。

工藤の逮捕の決め手は、郵便受けの指紋と、3件目に被害にあった白石家の長男の証言だ、事件の状況の中に何か糸口がある、

「真犯人を捕まえれば、未来は変えられる」という思いを胸に事件の状況をひとつひとつ確認し糸口を探っていく健人だった。

大山刑事は、犯人を見失った場所を捜査していたが、セキュリティが厳しい家ばかりで逃げ道がないことに気づく。

健人は被害者宅の息子3人に共通することがヨット部である、と気づく。

大山刑事は、工藤が犯人だと証言した白石の長男を訪ねていた。そして、長男が嘘をついていることを見破る。

「手口は素人同然なのに、セキュリテイが厳重な家に難なく侵入している」という工藤の言葉を思い出す大山。

大山の勝手な行動を問い詰める岩田に大山は、犯人はいなかった、白石の自作自演の可能性がある、再捜査すべきだ、と言うが、岩田はこれ以上ことを荒立てないでくれ、と言う。

「白石は白石重工の社長の息子で、悔しいけどそれが真実で、工藤の言葉が戯言なんだ、」と岩田。

犯人に詰め寄る大山

「だから黙ってろと言うんですか」と言う大山。

「そういうことなんだ。わかれ」と岩田。

「素晴らしい世の中だよ。これが警察か! 」と捨て台詞を残し立ち去る大山。

車の中で、無線のシグナルを見て、健人と交信する大山。

工藤はどうなったかと大山に聞かれた健人は、工藤は殺人を犯した、捜査員の1人が犠牲になった、と伝える。

連続窃盗事件の捜査は?と健人が大山に聞くと、容疑者はいますが、証拠がないと答える。

容疑者として、白石の長男の名前を伝えると、そうだと大山。

健人はプロファイルしたことを大山刑事に伝える。

被害にあった3件の家の息子は学校がバラバラですが、同じヨットクラブのメンバーでした。偶然とは思えない、そして白石の証言に不審な点もある、白石は工藤を知っていたはず、
その接点を見つければ糸口になるかもしれない、と。

工藤は俺に会おうとしません、と大山。

俺が工藤に聞いてみます2018年の工藤に、と大山。そして、大山に犯人が盗んだものをどこかにかくしているはずなのでそれを探してください、それが決定的な証拠になる、と伝える健人。

わかりました、三枝警部補は必ず工藤から何か聞き出してください、と言う大山。

必ず。この事件の解決を、と健人。

大山と話す三枝

ドラマ『シグナル』を第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

シグナル5月15日第6話の感想

健人が過去の事件をプロファイルした情報を大山刑事に知らせた事がまた、新たな事件を引き起こしてしまいました。

郵便受けから指紋が見つかり、工藤が逮捕されました。

そして工藤の娘を乗せたバスが事故に巻き込まれ助けられなかったことで、工藤は大山刑事を憎むようになりました。

そして、2018年に刑務所から出た工藤が娘の復讐のために新たな事件を起こす、ということに。。。

そして、犠牲者は桜井であったことが悲惨でした。

でも、工藤の目的が、矢部への復讐というのは、まだ何かわかりにくい点があります。

それになぜ冷凍車が2台あって娘が見つかった冷凍車をなぜ警察が見つけられたかも、今回の内容ではよくわかりませんでした。

次回の展開で何かはっきりとさせてほしいです。

工藤は、警察への復讐または大山への復讐をしたかったのでしょうか。

1998年に犯人が工藤ではなく、白石の自作自演だと訴えながら信じてもらえず警察上層部からの圧力だったということも気になります。
そして、岩田はこの事件の真相を知っているようですね。

健人と大山刑事は、この事件の真犯人を見つけ出し、事件を解決できるのでしょうか。

そして健人の言う通り、真犯人を見つければ、未来は変えられるのでしょうか。少しも見逃せないこのドラマ、来週も期待です。

また見てみたいので、ちょっとネットで調べてみましたが、ドラマ『シグナル』を見られる動画配信サービスが2つありました!

「民放公式テレビポータルTVer」と「FOD」です。

それぞれの特徴をまとめておきます。

民放公式テレビポータルTVer
・無料で『シグナル』を見られる。
・ただし放送後1週間分だけ。それ以上前の回は見ることができない。

FOD
・シグナルの放送された回は全話見れる。(シグナルは有料)
・有料(無料お試しあり)
・無料マンガが読めたり、無料雑誌が配信されています。
 無料雑誌の例
 FRYDAY(フライデー)、週刊ポスト、女性セブン、女性自身、MOA、美的、LEE、 Seventeenth(セブンティーン)、東洋経済、Newsweek、サライなど90冊以上

・放映中のドラマだけでなく、過去のドラマや国内国外の映画、ライブ、ドキュメンタリーやアニメなどの動画も見放題。
 見放題の作品例
 コンフィデンスマンJP、コード・ブルー、亜人、帝一の國、ゴールデンカムイ、東京喰種など

 
FODは有料のサービスですが、今なら一ヶ月間は無料で見れるので、まずは試してみても良いかもですね!月間利用者数300万人以上(2016年調べ)の大手です。
TVerの公式サイトはこちら
FODの公式サイトはこちら