宇海直哉(岩田剛典)にバリストンホテルからの一本の電話がかかってくるところから始まります。

いったいその電話の内容ってなんなのでしょうか?
崖っぷちホテル第5話(5月13日放映)の今回待ち受ける大逆転とはなんなのか、あらすじ(ネタバレ注意)と感想をはじめます。

ホテルグランドインヴルサ


スポンサーリンク
 


ドラマ崖っぷちホテル5月13日第5話あらすじ!(ネタバレ注意)

新企画の提案と新顔登場

相変わらず時貞(渡辺いっけい)は、枝川にここを身売りして外に出よう、という話をし続けています。

時貞が服部(佐伯大地)を呼ぼうとしても、いつものように忍びのようには現れません。

そして服部は、全体ミーティングをやるから集まるようにとの伝言を伝え、今度は忍びのようにいなくなってしまいます。

ミーティングでは前回グランドインヴルサの危機を救った救世主、小山内裕子(川栄李奈)が清掃部に配属になることが発表されました。

新人小山内

阿部長吉(宮川大輔)の浮かれ顔に対し、吉村尚美(西尾まり)は耳を引っ張って嫉妬心をむき出しにします。

そして裕子が空いてる席に座るよう総支配人の佐那(戸田恵梨香)に指示されると、今まで時貞が着席していた場所に着席しました。

裕子は

「ミーティングの進行を妨げないように、一番近くの席に座らせていただきました。」

と言います。

時貞は、

「ここ位置的に偉い人が…」

と言いかけますが、丹沢(鈴木浩介)に

「時貞さん、進行を妨げています。」

と言われ、渋々その状況を受け入れます。

そこに宇海が登場し、

「お願いしたいことがあります。」

と切り出し、スペシャルブライダルを手がけようと言い放ちます。

急な話に驚く面々。

宇海自身の知人からの頼みということで、これを機に今までインヴルサになかったブライダル事業へと展開行こうと言うのです。

佐那、丹沢にはそのことがすでに伝わっており、時貞はさらにふてくされてしまいました。。。

ブライダルプラン

そんな様子をよそに、ハル(浜辺美波)はウェディングケーキを作れることへの喜び、江口(中村倫也)はコース料理を考えることに前向きな気持ちを示します。
またピエール田中(チャドマレーン)、大田原(くっきー)、服部は、ライスシャワーがやりたかったとすでに夢見心地です。

佐那がこの依頼には問題があるといいます。

理由は開催日は5日後とのこと。

宇海に依頼してきた方がホテルにやって来ます。海外を飛び回っており、都合がつけられるのが、その日程だというのです。

さすがに無理なのでは、という雰囲気が流れ、ここぞというタイミングで、時貞は、

「そんなわがまま私たちは聞いてられませんよ。」

というのですが、間髪入れずに丹沢が、
「ブライダル事業を展開するなら、経営状況的にもはやく取り掛かった方がいいですから、広告となるサンプルをつくる意味で乗ってみようと。」

といつになく前向きです。

佐那は丹沢に続き、

「このホテルは無理をしなければ立ち行きません、どうか力を貸してください。」

とみんなに頭を下げます。

その様子に、一同もやってみようかなという雰囲気が流れ始めます。

ブライダルのプランナーを枝川に依頼しようと思っている旨を宇海が告げると、さらに話を続けます。

「本物のショーを出る側として経験しているわけですから、きっと素敵なブライダルをプランニング出来るはずです。」

その15年前の準グランプリを取ったミスオマールエビの雑誌を見て、みんなの関心が止まりません。

時貞は、枝川が味方だと思っているのか、

「枝川さんが、そんなおかしな理屈でやりますなんて言うわけが…。」

と言いかけますが、枝川は即答!

やります。

やりますと言う枝川

枝川がどんな気持ちなのか、宇海はなぜ枝川に依頼しようと思ったのか。。。。。。

実際引き受けることになり、宇海は枝川にお客様からの依頼を伝えます。

その話の一部始終を聞いていた時貞は、枝川がすんなり宇海の依頼を引き受けたことに疑問を感じ、失脚させるための秘策があるのではないかと尋ねます。

でも枝川は、真剣に取り組みたい様子で、一人にして欲しいと言うだけでした。

裕子は正式に清掃部の一員として、ネームプレートを佐那から受け取ります。

佐那は、経営状況が悪いことをいきなり話してしまって申し訳ないと伝えます。

裕子は、覚悟の上でここに来たと言い、それだけこのホテルが魅力的のあるホテルだと言うのです。
裕子は常に疑問に思っていたようです。

宇海の電話を佐那にチクる小山内

崖っぷちホテルが第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

ブライダルプランの問題勃発

バリストンの副支配人であった宇海が、なぜインヴルサで働いているのかと、それは付き合っているからではないか。

といきなり、佐那に尋ねます。

佐那は、私たちはそんな関係ではないことを伝えました。
裕子は続けます。宇海がバリストンの人と電話していて、その内容が、バリストンに戻らないかという内容だったということを。

そんな話を聞いた佐那は、信じようと言う気持ちがありながらも、どこか考えてしまいます。

翌日プランをまとめ上げてきた枝川に、佐那と宇海がチェックし終えると、依頼主から、更なる依頼があったと言いだすのです。

「ケーキを特大にして欲しい。」

その旨を枝川がハル、江口に伝えに行くとやる気満々になるハルに対し、絶対不可能だと決めつける江口。

そんな様子を見ていた枝川は、業者に発注すると言いだす始末。

全体の流れ確認をしていた佐那は、支配人室にいると、電話の呼び出し音が聞こえ、ドアに聞き耳を立てます。

声の主は宇海で、

「うちのブライダルプランナーに伝えますね。」

という声を聞き佐那は安堵します。しかし裕子は、証拠がまだ掴めてなくて、と言い出します。

宇海は、枝川とすれ違い、電話の内容を伝えます。

「音楽関係の仕事をしているらしくて、自分の結婚式に、どうしてもピアノの生演奏を流して欲しいと。」

枝川は、渋々承諾し、ピアニストが手配できるよう声をかけに向かいます。

長吉と尚美がバーを掃除しようとすると、カウンター内に酔っ払った時貞の姿が。

そんな中、服部が忍びのように現れ、式当日の担当が決まったので、伝えに来たと言います。

長吉と尚美は、余興として夫婦漫才でもするかと盛り上がっていたところ、時貞は自分は何をさせられるのかと気が気ではありませんでした。

すると服部から、協力してもらえるか分からない状況だったので、牧師代理に決まったと伝えます。
時貞はますます、面白くありません。

枝川は、ピアニストの手配をするため、ピエール田中と大田原にその旨を伝えに行きますが、もちろんそんなあてはなく、ピエール田中にきっぱり断られてしまいます。

中にはで、枝川が一服していると、宇海がやってきて、さらなるプラン変更を言い渡します。

「バージンロードを歩く姿を司会の人に熱く実況中継をして盛り上げて欲しい。」

食堂で、この式にかかる経費を計算している丹沢の元に枝川がやってきます。

そして、先ほどの依頼を伝えます。

丹沢は、

「こういう仕事をしているせいか、そういうのは一番の苦手で。」

と言いかけると、枝川は、ここも業者に依頼するというのです。

佐那が導線を確認しているとまた電話の呼び出し音が。

それにつられ給湯室へ行くと、宇海にバリストンからの電話がかかってきています。

そこに裕子が現れ、やっぱりそうだったと二人で話していると、裕子が

「隠れてください。」

と言い、ベットに二人で潜り込みます。

宇海が戻ってきて、折り返し電話すると、

「わかりました、そちらの言う通りに。」

とため息をつくのです。

決定的な証拠だと決めつける裕子に対し、佐那はまだ信じきれない様子です。

佐那はいろいろな感情を抱いたまま、帰宅しようとすると、まだ枝川が残ってプランを考えているところに遭遇します。

手伝おうとする佐那に対し、

「なんにも知らないくせに、ただ気持ちだけぶつけられても、ただの迷惑だから。」

となぜ枝川が、プランナーを引き受けたのか、知らない佐那に厳しく言い放ちます。

佐那も聞き出そうとしますが、教えてくれません。

挙げ句の果てには、枝川に

「帰ってくれた方が、よっぽどお手伝いになるわ。」

言われた佐那はその場を後にしてしまいます。

ドアの閉まっている給湯室に向かう枝川は、

「いるなら、ちょっとバーまで来てもらっていい。」

と思いつめたように言います。

バーに宇海がやってきて、枝川は

「ギブアップ。」

とだけ言い、リプランするか、キャンセルする旨を先方に伝えるように宇海に話しました。

カクテルを作る枝川

昔のことを話すりょうと宇海

それに続くように枝川は、インヴルサでのウェディングが当時の総支配人の夢だったと語り始めます。

宇海は昔の雑誌を見返す機会があり、当時の総支配人の夢の記事と、枝川のモデルの記事を見ていたのでした。

そして枝川は当時を振り返りながら、ウェディングのプランについて話します。

「計画はあったんだけどねけど、通常業務に支障をきたすって、結局実現まで行かなかった。

そして、その夢を叶えぬまま。

夢は夢のままでおしまい。」

宇海はこう返します。

「大人が夢を叶えるにはどうしたらいいんでしょかね。」

その一言で、枝川は何か気づいたようです。

翌朝、厨房にいる枝川。ハルと江口に、やっぱりケーキを作りたい、力を貸して欲しい、というと、江口に

「出てけ。」

と言われてしまいます。

ハルの

「皆さんお願いします。」

の一言で、かつてのパティシエの専門学校時代の仲間が集まってくれたようです。

りょう厨房で

そして、ハルは枝川にここは任せて他のところに行くように言いました。

ロビーに枝川が行くと、そこにはグランドピアノが。

そして新事実、大田原が腕のいいピアニストであったことが判明します。

ロビーに響き渡る優しいピアノの音色。

さらにホテル内では、丹沢が客室で密かに練習している姿がありました。

佐那と裕子はやはり、宇海に対しての疑念が晴れません。

そこに現れた宇海に直球で、戻らないで欲しい旨を伝えると、宇海は

「夢のような、勘違いをしていると。」

疑念が晴れたところで、さらに依頼人からの電話があり、

「全体リハーサルをしましょう。」

と呼びかけます。

リハーサル当日、新婦役を枝川にお願いすると嫌々ながらも引き受けてくれます。

枝川が、新郎役は誰かと気にしていると、宇海が用意したとだけ佐那が伝えます。

なんとなく形になろうとしているところで、ついにリハーサルがスタートします。

大田原のピアノの生演奏、新婦の入場の際の丹沢の実況、そして新郎役の小山内(長谷川初範)。

小山内は

「夢を叶えてくれてありがとう。」

感動が最高潮に達したタイミングで、余興で使うはずのボールが転がってしまい、ケーキを倒してしまいました。

みんなが明日の本番が、と心配している時に、入り口のドアが開き、宇海が現れて、

皆さん、すみません。

明日のブライダルですが、依頼の方から連絡があって、中止になりました。以上です。

と言いました。

崖っぷちホテルが第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

グランドインヴルサホテルの未来のために

実際のブライダルこそ行われませんでしたが、ブライダル広告も出来上がり、みんなの努力も無駄にならなかったということで、一件落着になったようです。

佐那は、枝川に感謝を伝えに行きます。

そして枝川はいつも飲んでいたカクテルについて話し始めます。

「東京のバーで私が働いていた時代に、桜井さんが来て褒めてくれたの。

 それで私のホテルで、このカクテルを出してくれないか、って。

 だからこれが最後の一杯。

 過去にすがるのはよそうと思って。

 このままでいるのはやめる。

 夢の場所にしたいんでしょ。」

佐那に話すりょう

そして今度は裕子が、宇海に差出人不明の郵便物を渡しました。告発文が来ているということでした。

そしてさらに裕子は、その人が時貞ではないかとも言うのです。

小山内と宇海

まとめと感想

果たして、裕子はなぜそこまで知っているのか、謎は深まるばかりですね。

今回もたくさん楽しませてもらいました。

今回は枝川の人間的成長をすごい感じました。

人とのコミュニケーション、リーダーシップそして、その思いを一緒に実現しようとする仲間がいることがどれだけ心強いか、そして成し遂げた時の喜びをみんなで分かち合うことができるチームが出来ていることを見ることができました。

これから、この出来上がってきたチームが、今後どういう変化を遂げ、グランドインヴルサを夢の場所にしていくのか、もっと楽しみになりました。

また見てみたいので、ちょっとネットで調べてみましたが、『崖っぷちホテル』を見れる動画配信サービスが2つありました!

「民放公式テレビポータルTVer」と「Hulu」です。

それぞれの特徴をまとめておきます。

民放公式テレビポータルTVer
・無料で崖っぷちホテルを見れる。
・ただし放送後1週間分だけ。それ以上前の回は見ることができない。

Hulu
・崖っぷちホテルの放映された回は全話見れる。
・有料(2週間は無料お試しあり)
・放映中のドラマだけでなく、過去のドラマや国内国外の映画、ライブ、ドキュメンタリーやアニメなどの動画も見放題。
 見放題の作品例
 アベンジャーズ、アイアンマン、名探偵コナンシリーズ、ちはやふる、正義のセ、東京喰種 トーキョーグール:re、など映像50,000本が見放題。

 
Huluは有料のサービスですが、今なら2週間も無料で見れるので、まずは試してみても良いかもですね!
TVerの公式サイトはこちら
Huluの公式サイトはこちら