コンフィデンスマンJPの第4話(4月30日)のダー子達はどんな活躍をするのでしょうか?
今回の長澤まさみは「女優役」らしいので本領発揮というところでしょうか。
ではコンフィデンスマンJP第4話のあらすじをはじめます。ネタバレ注意です。


スポンサーリンク
 


コンフィデンスマンJP4月30日第4話あらすじ!ネタバレ注意

映画好きの俵屋

俵屋フーズの工場長、宮下正也(近藤公園)は俵屋フーズの看板商品『うなぎのカレー煮』が国産で売っているにも関わらず実は外国産であった事を知り、社長の俵屋勉(佐野史郎)を告発しようとするが俵屋に脅されてできずにいました。

宮下は、飲屋街の路地で飲み過ぎて倒れたところをダー子(長澤まさみ)に声を掛けられれるがその場を去ります。その時に告発文を落としてダー子に拾われ、ダー子は次のターゲットを俵屋にする事にします。

俵屋は典型的なお坊っちゃま上がりの2代目社長で、社員への恫喝やセクハラは当たり前でやりたい放題。

そんな俵屋が愛してやまないのが映画であり、月刊キネマ新報を定期購読しています。

リチャード(小日向文夫)は配達員に変装し、月刊キネマ新報そっくりの偽物をすり替え、『映画人の隠れ家』という偽の特集で偽の店を作ります。

俵屋は偽の店を訪れ、店員に扮したダー子がが出迎え数多くの映画人が訪れていた事を話し俵屋を信じ込ませます。

ダーコたちが説得する俵屋

そこへ映画監督とプロデューサーに扮したリチャードとボクちゃん(東出昌大)がやってきます。
製作中の映画の話などをしている2人をダー子は映画関係者ですよと俵屋に耳打ちします。

俵屋との接触に成功した2人は名刺交換をし、映画のスポンサーの話を持ちかけますが、俵屋は

「私なんかはとても、、、」

と言って話に乗りませんでした。

アジトに戻ったダー子達は俵屋が映画を愛しすぎて逆にその世界に入る事を控えているんじゃ無いかと予測します。

リチャードは俵屋に映画がクランクインしたことを報告し、撮影現場に見学に来ないかと誘います。
本格的な撮影現場に感動している俵屋の前に大物俳優の伊吹吾郎が現れ嬉しそうに握手を交わします。

実はそこは鬼平犯科帳の撮影現場でした。

鬼平犯科帳のロケ

俵屋に主演女優が急遽降板し予定していた出資金が減り映画製作を断念しなければならなくなった事を伝え、再度出資の話を持ちかけますが俵屋は乗ってきません。

コンフィデンスマンJPを第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

主演女優マギーリン

ならば色仕掛けでということで、新しい主演女優がマギーリンという中国人女優に決まった事を店に訪れた俵屋に伝えます。
もちろんマギーリンはダー子が変装した女優です。
そして俵屋に
「主演女優は出資者と出来てしまう」
とマクラ営業をしている噂を流します。
その話に食いついた俵屋は羽田空港までマギーリンを出迎えに行き、大勢のファンの前に現れたマギーリンにウィンクをされ喜びます。

ダー子は女優

俵屋が3億の出資をするという連絡が入ってきます。
ダー子は色仕掛けの作戦が上手くいったと喜びます。
出資の件でリチャードに話をしにきた俵屋は
「出資する以上納得いくものにしたい!」
と脚本に修正を加えてきたり、映画製作に加わってきた事から撮影を本格的に進めざるをえなくなってしまいました。監督きどりの俵屋ですが、納得するまで資金を入れてくれないので、とことん俵屋に付き合っているリチャードとボクちゃんはゲッソリ。
自分の出演シーンを作ってくれとまで言いだした俵屋に、ダー子は
「こうなったら俵屋さんの夢を叶えてあげましょう!」
と張り切ります。
俵屋は武将役をもらい、マギーリンとの絡みシーンもあった為、大満足した様子でようやく3億を振り込みました。

俵屋映画出演

そして、現場にエキストラとしていた工場長の宮下に、ダー子は

「貴方もセリフのある役をやってみませんか?」

と1枚の紙を差し出します。

マギーリンが滞在しているというホテルに俵屋がやってきます。
ダー子を心配しているボクちゃんも一緒です。
俵屋は
「今後この世界でやっていくなら仲良くなっていた方がいい。わかるだろ?」
と言ってきます。
「着替えるので待ってください」
と言うダー子に「君じゃ無い」とボクちゃんを誘ってきます。
ダー子はボクちゃんを置いて部屋を去ります。

コンフィデンスマンJPを第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

映画が人生を変える

2ヶ月後。映画の完成試写会が行われます。
隣に監督であるボクちゃんを連れて嬉しそうな俵屋。
しかし上映が始まるとそこに映し出されていたのは工場長の宮下でした。宮下は国産と偽り外国産で売りに出していたうなぎのカレー煮の事や社長に脅されていた事を語り出したのです。宮下の告発の上映が終わるとそこにダー子達の姿はありません。俵屋の口癖は
「一本の映画は人生を変える」
でした。その言葉通り人生を変えられる結果となったのでした。

俵屋捕まる

アジトではリチャードが今回の報酬結果を報告しますが、今回は2815円の赤字となったのでした。

まとめと感想

今回はなかなか手強い相手となるのかと思いましたが、あっさりとダー子達の罠に引っかかりましたね。
1番予想外だったのは色仕掛けは結局は通じてなくて最初からボクちゃん狙いだったということで、まさかの展開に笑えました。
そして、本人役で伊吹吾郎さんが出てきた事も驚きましたね。
ダー子の中国人女優マギーリンの扮装はさすが長澤まさみという感じで綺麗でしたね。

次回は『スーパードクター編』でかたせ梨乃さんがゲストです。

そしてなんとサプライズ出演で山田孝之さんが出演するみたいなので楽しみですね!

また見てみたいので、ちょっとネットで調べてみましたが、コンフィデンスマンJPを見れる動画配信サービスが2つありました!

「民放公式テレビポータルTVer」と「FOD」です。

それぞれの特徴をまとめておきます。

民放公式テレビポータルTVer
・無料でコンフィデンスマンJPを見れる。
・ただし放送後1週間分だけ。それ以上前の回は見ることができない。

FOD
・コンフィデンスマンJPの放送された回は全話見れる。(シグナルは有料)
・有料(無料お試しあり)
・無料マンガが読めたり、無料雑誌が配信されています。
 無料雑誌の例
 FRYDAY(フライデー)、週刊ポスト、女性セブン、女性自身、MOA、美的、LEE、 Seventeenth(セブンティーン)、東洋経済、Newsweek、サライなど90冊以上

・放映中のドラマだけでなく、過去のドラマや国内国外の映画、ライブ、ドキュメンタリーやアニメなどの動画も見放題。
 見放題の作品例
 コンフィデンスマンJP、コード・ブルー、亜人、帝一の國、ゴールデンカムイ、東京喰種など

 
FODは有料のサービスですが、今なら一ヶ月間は無料で見れるので、まずは試してみても良いかもですね!月間利用者数300万人以上(2016年調べ)の大手です。
TVerの公式サイトはこちら
FODの公式サイトはこちら