『正義のセ』第5話(5月9日)が放送されました。
凛々子(吉高由里子)の仕事も、中盤戦に入ってきました。予告編では、なんだか大塚仁志(三浦翔平)に凛々子がキスをしたようですが、何が起きたのでしょうか?事件より、そちらが気になります。では、あらすじを紹介します。(ネタバレ注意です。)


スポンサーリンク
 


ドラマ正義のセ 5月9日第5話のあらすじ!(ネタバレ注意)

温子の結婚相手

竹村家では、凛々子の妹・温子(広瀬アリス)が恋人の後藤公一(渡部秀)を連れてきていました。凛々子がプロポーズされたと聞いて、温子も婚約者を連れてきたのでした。
温子は後藤と結婚して豆腐店を継ぐと言いますが、父の浩市(生瀬勝久)は突然言われて猛反対です。母の芳子(宮崎美子)が仲裁に入りますが、どちらも引き下がらない温子と浩市。

竹内家

そして、凛々子は恋人と別れたことを家族に告白します。浩市と芳子は驚き、温子は、別れたことまで知らなかった、と謝ります。

正義のセを第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

アリバイを崩せ

凛々子は、医大で起きた女性職員の転落死事件を担当します。事件性が考えられるということで、凛々子と相原勉(安田顕)は支部長の梅宮譲(寺脇康文)に事件現場へ行くように命じられます。

被害者は、神奈川医大の教授・高嶋敦史(原田龍二)の助手の三宅香織(佐藤めぐみ)。

自殺にしては落ちている場所が不自然だと、飛び降りた窓のある教授の部屋で警察の話を凛々子と相原が聞いていると、事件現場に高嶋が現れます。

「自分と香織は、不倫関係で、別れ話をしていて、その後、香織は窓から飛び降りた」

と自ら話し出します。
しかし、香織の爪から高嶋のDNAが検出されたことから、高嶋が殺人容疑で逮捕されます。

「不倫を自分から告白したのは何故?」と凛々子は考えます。

高嶋は容疑を否認します。アリバイがあると主張します。
香織の死亡推定時刻には、取引先の医療機器メーカーの茂木康彦(木下隆行)とスーパー銭湯にいたと主張し、茂木も同じ証言をしています。

自殺か他殺かまだ決めることは出来ず、凛々子と相原は、香織と一番親しかった同僚の話を聞きに行きます。
彼女の話では、高嶋と香織の不倫は2年前に終わっているとのことでした。

「別れているのに何故、高嶋は不倫の話をしたのだろう?」

と凛々子は考えます。

そして、事件の新事実が発覚します。

香織のパソコンから、高嶋と茂木の不正を告発しようとしていたメールが発見されたのです。茂木の会社の機器を入れる代わりに、高嶋はお金を受け取っていたのでした。贈収賄事件も絡んできたため、支部長は凛々子と大塚仁志(三浦翔平)に協同捜査を命じます。気合いが入る凛々子。

しかし、大塚は自分のペースで強引に捜査方針を決めていき、ペースを狂わされる凛々子です。

そして、凛々子と大塚と、相原と木村秀樹(平野生成)はスーパー銭湯に聞き込みに行きます。

が、防犯カメラなどはなく、皆、裸で、お客も多いので、従業員は誰の顔も覚えていません。

銭湯に入る二人

ただ、帰りのフロントで、茂木と高嶋は、自分達2人を印象付けるため、フロントの従業員と話をし、茂木の会社のボールペンを沢山置いて帰っていったのでした。

入館時間が分かれば、アリバイを崩せるのに、入館したお客さんを覚えている従業員はいませんでした。高嶋の足どりを調べてみますが、全部空振りです。

凛々子が大塚にキス!?

大塚たち4人は夕飯の席で、飲んで、凛々子はかなり酔っ払って、

「自分の不正を隠すために、別れた恋人を殺して、自殺に見せかけるなんて、絶対に許せない!」

と腹をたてたり、泣いたりしています。

大塚は、

「必ず何処かに綻びは出る。明日からも徹底的に捜査を続ける。亡くなった被害者のために戦えるのは、俺たち検事だけだ」

と言います。その言葉に、凛々子は感激し、気合いを入れ直します。。

そして、凛々子と木村は、酔って寝てしまい、相原が会計に席を立ち、大塚が、凛々子を揺すって起こそうとします。寝ぼけている凛々子は、大塚を別れた彼氏と勘違いして、抱きついてキスをしてしまいます

三浦と凛々子キス寸前

凛々子三浦のキス

それを会計から戻ってきた相原が見て驚愕し、大塚は動転して、ビビってしまっています。

そして終電も無くなり、4人は地検に泊まります。

凛々子はキスをしたことは何も覚えていません。

しかし、大塚は動揺して、挙動不審になってしまっています。

凛々子にうろたえる三浦

寝付けない相原と木村は、またスーパー銭湯へ行き、チケットを買います。そのチケットを見て相原は何かを発見します。

一方、凛々子も寝付けず事務所に行くと、大塚が一人で仕事をしていました。

「私もやります!」と無邪気に大塚に近付く凛々子ですが、大塚は動揺しています。

そして、相原と木村が、大量の銭湯のチケットを持って帰って来ます。

銭湯の回数券を調べる凛々子達

チケットには入館の時間が印字されていて、殺人事件後の時間帯のチケットに高嶋の指紋がついていれば、アリバイは崩れるということです。

そして4人は明け方までかけて、そのチケットを選り分けました。

そして、指紋は出てきました。
しかし、アリバイは崩れても、犯人とはいえません。

「高嶋の自白をとる」

と大塚が言い切ります。

正義のセを第1話から全話見たい!と思ったら
 ↓     ↓     ↓

自白に追い込め

凛々子が高嶋の殺人事件、大塚が茂木の贈収賄事件、2つ同時に取り調べが始まりました。

凛々子が「贈収賄はお金を受け取った方が罪が重い」と高嶋に伝えると、「自分は茂木に騙された!」と話し出し、大塚は茂木に「高嶋をかばうと犯人隠避罪になる」と、凛々子も大塚も、茂木の会社のボールペンを見せつけ、お互いの状況を連絡し合い、2人を自白に追い込むことが出来たのでした。

「殺すつもりはなかった!」
と高嶋は嘆きます。
「直接大学に告発出来たのに、先に高嶋にメールを送ったのは、不正に手を染めたあなたに目を覚ましてほしかったから、彼女のその思いだけは忘れないでください」

と凛々子は高嶋に言い聞かせます。

そして、起訴出来たことで、凛々子は大塚にお礼を言いますが、

「だからお前はダメなんだ。全ての検事には同じ権限が与えられている。俺とお前は対等なんだ」

と言われ、対等という言葉に感激して大塚の手を握る凛々子です。

が、大塚はギクシャクして、様子が変です

「やっぱりなんか変だ。私何かしました?」と相原に聞く凛々子。。。。

そして、竹村家の朝、温子が浩市の指導のもと豆腐を作っています。

温子は自分が一人前になるまで結婚を延期したとのことでした。

まとめと感想

今回は殺人と贈収賄の2つが絡み合った事件でした。

大塚との協同捜査も、もっと混乱するのかと思いましたが、意外と早くまとまって、事件解決出来て、よかったです。

凛々子が意外と大胆に大塚にキスをして、びっくりです。

そして、それにビビってしまった大塚。
意外と可愛い裏の顔が暴かれていくのでしょうか?楽しみです。

今後の凛々子と大塚の関係がどう変わっていくのか、面白くなってきましたね。
キスをしたことを、凛々子は思い出すのでしょうか?
それを知ったとき、凛々子はどんな反応をするのでしょうか?楽しみですね。

また見てみたいので、ちょっとネットで調べてみましたが、『正義のセ』を見れる動画配信サービスが2つありました!

「民放公式テレビポータルTVer」と「Hulu」です。

それぞれの特徴をまとめておきます。

民放公式テレビポータルTVer
・無料で正義のセを見れる。
・ただし放送後1週間分だけ。それ以上前の回は見ることができない。

Hulu
・正義のセの放映された回は全話見れる。
・有料(2週間は無料お試しあり)
・放映中のドラマだけでなく、過去のドラマや国内国外の映画、ライブ、ドキュメンタリーやアニメなどの動画も見放題。
 見放題の作品例
 アベンジャーズ、アイアンマン、名探偵コナンシリーズ、ちはやふる、正義のセ、東京喰種 トーキョーグール:re、など映像50,000本が見放題。

 
Huluは有料のサービスですが、今なら2週間も無料で見れるので、まずは試してみても良いかもですね!
TVerの公式サイトはこちら
Huluの公式サイトはこちら