ブラックペアンも第3話(5月6日)が放映されましたね。
世良も仕事を続けていくことになりました!
立派な医師として育っていくのでしょうか。
では、ブラックペアン第3話はじめます。ネタバレ注意です。


スポンサーリンク
 


ブラックペアン5月6日第2話あらすじ(ネタバレ注意)

スナイプ手術中止!?

高階(小泉孝太郎)は帝華大学の西崎教授(市川猿之助)に2度スナイプでの手術を失敗した事について責められ、結果を出せなければスナイプは使わせないと言われます。

責められる高階

そんな時、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)が高階に患者を紹介したいと言ってきます。
木下が紹介したのは厚生労働省の次期事務官候補である田村浩司(依田司)の息子でピアニストの田村隼人(高地優吾)で、大事な演奏を控えているのですぐに退院できるスナイプ手術を希望していました。

研修医の世良(竹内涼真)はこの田村と楠木秀雄(田崎真也)の2人を担当する事になりました。

イライラする高階と世良

高階はスナイプ手術の成功例を増やし論文を発表する事で西崎のインパクトファクターが獲得できることは勿論だが、沢山の命助ける事ができ、世界を大きく変えると世良に語ります。
世良は世の中の為になるのなら手助けをしたいと言います。

しかし田村は肥大型心筋症で心臓内が複雑な構造になっている事がわかり高階はスナイプ手術をするには難しいと諦めようとします。
それを聞いた佐伯(内野聖陽)は執刀医を渡海(二宮和也)に変更します。
高階は渡海の腕は認めるが難しいと言います。
佐伯は不安なら手術を諦めるように言われ助手として手術に加わるように言われます。

高階は渡海にスナイプの使い方を教えようとしますが、シュミレーションなどは無駄だと言って結局1度もスナイプを扱う事なく手術の日になります。

手術当日、渡海は田村の心臓を見た瞬間に「辞めた」と言ってオペ室を出ます。

スナイプ手術を中止する渡海

どういう事か説明をしろと言う高階に渡海は
「心尖部の筋肉を見たのか」
と言われ検査をしてみるとあのままスナイプ手術をしていると大出血をおこして大惨事になっていた事が分かりました。
高階は渡海が一瞬でこのことを見極め手術を中止にした事に驚いています。

スナイプ手術

高階は西崎に田村をスナイプ手術するのは難しいので辞めたほうがいいと相談するが、西崎は失敗しても東城医大の責任になるだけなのでそのまま渡海の執刀で続行するように言う。
後がない高階はどうにかスナイプでの手術を成功させる為に3Dプリンターで田村の心臓を再現しスナイプが通れるルートを世良と何度も検証し、1つのルートを導き出します。

コンクールを間近に控えている田村は手術を早く行なうように渡海に言いますが、渡海はスナイプの手術がどういうことかちゃんと理解しているのかと田村に以前2回スナイプの手術をして失敗し、死にかけた事例がある事を伝えます。
スナイプ手術を成功させたい高階は協力し合おうと言い渡海に苦労して見つけた田村のスナイプのルートのファイルを見せるが、渡海はそのデータを削除してしまいます。

渡海は「こっちはルート決めてるんだから必要無いだろう」と言い高階と世良が何時間もかけて導き出したルートを検証なしに見つけていたのです。

渡海の警告

「逆にそれ以外ルート無いんですけど。論文だけでは人は救えない」
渡海は言います。高階は

「論文は医者の全てだ!貴方は腕は良いがただの手術職人でしかない!」

と反論しますが、
「そんなに褒められると照れちゃうよ」

と出て行きます。

的確な指示を出す渡海論文批判も

佐伯に呼び出された高階は
「正式にうちにこないか?」
と、東城医大に引き抜きの話を持ちかけられます。
それは西崎を切るという事でしたが高階は迷います。

佐伯は後日佐伯式で行う予定である自分の担当患者、楠木の様子をチェックし冠動脈瘤の検査を行っておくように世良に指示します。
佐伯は日本ジャーナルのパーティに出席する為に東京へ行きます。
世良は渡海に楠木の検査日程を伝えますが、渡海は田村の手術後にすぐ検査をやると言います。
田村のスナイプ手術が始まり、スナイプを使いこなす渡海に高階は改めて渡海の技術に関心します。

順調に田村の手術が行われている中で、佐伯の担当患者の楠木の容態が悪化しナースコールがなります。
看護師の花房美和(葵わかな)は佐伯に指示を貰おうとするが丁度パーティでの挨拶中で出れません。
准教授の黒崎(橋本さとし)は佐伯の患者を絶対に死なせてはいけないとだけ言って電話を切ります。

オレなら両方助ける

心タポナーデを起こしショック状態となった楠木は緊急手術が必要となり、花房は田村の手術室に

「どうしたらいいですか?」

と連絡を入れます。

心タンポナーテ

慌てる世良は佐伯式での手術ができる渡海に助けを求めます。
スナイプ手術を成功させたい高階は田村の手術の続行を望みます。渡海は世良に

「俺の体は1つ。だから助けられる命も1つ。お前ならどっち助ける?いや、どっち殺す?」
と尋ねます。
「そんなこと決められませんよ!」
と困惑する世良に渡海は
「俺なら両方助ける。」
と言うと高階に田村のスナイプ手術を変わるように指示します。

オレなら両方助ける渡海いわく

高階は出来ないと、変わる事をためらいます。渡海は
「この中に医者はいないのか?お医者様はいませんかー!?」
と声を荒げます。高階は渡海に代わり田村のスナイプ手術を続行します。
渡海は佐伯の患者の楠木の緊急手術に入ります。
通常真ん中から胸を開く手術だが、左から開いています。
渡海は高階の映像を見ながらも素早く楠木の冠動脈瘤の処置を終わらせます。

一方、田村は不整脈を起こしており高階はますますスナイプを操作するのが難しい状態となってしまい、高階はどうすることもできないと諦めてる様子です。

自分はできないという高階

渡海は楠木の処置は順調に終わったが、血圧が戻らずそのまま佐伯式で僧帽弁の手術をするしかない状態となります。
しかし渡海は田村のオペ室に現れ高階とスナイプ手術を代わり高階は楠木のオペをするように指示します。
佐伯式の手術は出来ないと高階が言うと渡海は
「スナイプでやれ!執刀医命令だ!」
と言います。楠木の胸を左から開いていたのはスナイプ手術をしやすくする為でした。
渡海は目を閉じて田村の心臓の動きを感じ取りスナイプを僧帽弁へ到着させ手術を成功させます。

手術モニター

高階も問題なく手術を終わらせ、田村のオペ室に急いで戻るとそこにはすでに渡海はおらず成功の知らせだけ聞きます。

「やはり悪魔のような腕を持った人だ、、、」

と高階は呟きます。

今回の件で西崎に認められ高階は

「西崎教授の為に近いうちに論文を完成させます」

と言います。
渡海はいつもの仮眠室で1枚のレントゲン写真を眺め

「そろそろか、、」

と意味ありげに呟きます。

楠木の退院に立ち会った高階は何故裏口から退院されたのかと佐伯に聞くと実は楠木は外科ジャーナルの前編集長であり西崎ではなく佐伯に手術を求めた事が分かれば公平性を疑われるかもしれないからだと知らされます。

佐伯は

「君の論文が掲載されるかは末尾の名前で決まると言うことだ。私か、西崎か、、、」

と高階に微笑みます。

世良など研修医たちが集まり渡海が今回はお金の為じゃなく手術をした事について噂をしていました。
そんな中、2件のスナイプ手術を成功させた渡海は治験コーディネーターの木下から謝礼として紙袋を受け取っていました。

看護師の花房は渡海から資料を貰うため仮眠室へ入ります。

そこでペアンが刺さっているレントゲン写真を見つけてしまいます。

ペアンのレントゲン写真

まとめと感想

今回は2件の同時手術、そしてまさかの2件ともスナイプでの手術ということでしたね。

改めて渡海の凄さがわかる回でもあり、高階先生が自分の利益の事だけではなく患者の為を思ってる熱い先生だったってこともわかりました。西崎教授に利用されてるだけみたいで憎めない感じですね。

しかし毎回ですが、渡海演じる二宮さんの迫力に見入ってしまいます。
「やれよ!」
ってつい真似してたりします(笑)

回を追うごとに気になるのが佐伯教授は全て分かってるの?と思う行動だったり渡海が持っているレントゲンの謎ですが、花房に見られた事でなにか分かってくるのかもしれないですね。

次回もすごく楽しみです!