「Missデビル」も第3話まで来ました。今回は新人のモンスター社員がいる部署の話です。

果たしてリストラされるのは誰でしょうか。

Missデビル4月28日第3話のあらすじ始めます。(ネタバレ注意です)


スポンサーリンク
 


ドラマMissデビル4月28日第3話あらすじのあらすじは?(ネタバレ注意)

今回は「損害サービス部」

眞子(菜々緒)はまた鏡の前でうなされていた

子供の頃、激しく燃えるホテルの中に走って立ち向かっていく一人の青年を少女が必死に止めている記憶だった。
はっと目を覚まし

あなたは誰?私は…

朝出社してエレベーターに眞子は乗り込んだ。

伊東千紘(木村佳乃)はアメリカでMissデビルと言われるほど、人材を切ってきたという噂になっていると話しかける。

木村佳乃と菜々緒

デビルの語源はサンスクリット語で輝くと意味の言葉。悪魔によって会社が輝くのは皮肉なものだと言って眞子はエレベーターから降りていく。

博史(鶴見辰吾)の実家では父の修が打ち合わせで遅くなると母に伝えていた。母は何か思うところがあるようだった。
修は大沢友晴(船越英一郎)と会ったときにあの事は博史にも誰にも言っていないと話していた。

人材活用ラボでは国本(モロ師岡)の妻が18才だと話して盛り上がっていたところへ眞子が出社。

博史は眞子から顧客のクレーム等に対応する損害サービス部に研修に行くことを命じられ、そこでリストラ候補者を決めるように言われる。
眞子にあなたがかわいいからいじめたくなるとさんざんもてあそばれてから博史は損害サービス部に出向いた。

損害サービス部に行くと吉田忍(前田公輝)がSNSの交換を博史に求めて全く仕事をしていなかった。

博史は箕島譲(金子貴俊)に総務に届けるように資料を渡された。

博史は道中で伊東千紘に会い、困ったことがあればいつでも相談に乗ると声をかけられる。
リストラ候補をどうするべきかと悩んでいると総務の藤堂真冬(白石聖)に会ったので資料を渡す博史。
ご飯を食べに行こうと真冬から言われたので同期で行くのかと聞くと、二人でもいいと真冬に言われた。博史は有頂天になった。

箕島と尾上は伊東千紘と働き方改革について話しており、尾上(おかやまはじめ)は調子のいいことばかり言って残業をなしにし、有給も積極的にとらせると言っていたが箕島の顔は曇っていた。

共亜火災の会長・喜多村(西田敏行)は眞子について調べるように秘書に命じていた。しかし、18歳で単身渡米した以前についてわからなかった。調査会社もつかめなかったのだ。

会長に呼ばれた眞子は、先日行っていた斧ヶ崎にホテルがあったことを知っているかと聞かれていた。
眞子は知っているようだったが知らないと答えていた。

損害サービス部に戻ると箕島が吉田に仕事を振ろうとしている。明らかに暇そうなのに既に仕事が山積みの斉藤にやらせればいいと言い出したのだ。
箕島は困って仕方なく斉藤にふっていた。

伊東は大沢社長と働き方改革について話しており、眞子の仕事を伊東に文書を通させる事を徹底させたいという許可をもらっていた。

5時になり、損害サービス部の皆は帰っていった。博史は居づらくなり、人材活用ラボで仕事をしていた。人材活用ラボのみんなも帰っていき、眞子も帰っていった。
眞子はある男を尾行していた。

博史が損害サービスに戻ると、箕島はまだ仕事をしている。そこに帰ったはずの眞子がやって来て、損害サービス部は残業禁止のはずだと言いに来た。博史は隠れてい聞いていた。

ある日、眞子はまた喜多村会長に呼ばれた。

喜多村は、眞子の英語の記事を見つけ、眞子がアップルパイが好きだという話をする。

眞子は斧ヶ崎のホテルが燃えたことを調べ、何のために呼ばれているのかと聞いた。
喜多村は遊び相手になってほしいというだけだった。

Missデビルが第1話から全話見たい!と思ったら
↓     ↓     ↓

板挟みの箕島課長

博史は、中間管理職の蓑島が上司と部下に挟まれ仕事を抱え込み苦しんでいることを知った。

頼まれた仕事を吉田はしていなかったが、それを吉田は『上司の箕島の伝達ミスだ』と尾上部長に言っているのだ。尾上は真に受けて箕島を注意していた。
蓑島は吉田に手を焼き、上司との板挟みになり追い詰められていた。

伊東は箕島を誘ってランチをしていた。
箕島は伊東のかつての部下だったので気にかけていて、損害サービス部では大丈夫かと聞いていた。
箕島はなんとかなっているとしか答えなかった。
そんなとき尾上から箕島に電話があった。

沖津(和田正人)は新人の飲み会に混じっていた。箕島課長は部下と上司の板挟みになる「課長クライシス」だと話題になっていた。
新人達は出世したくないと言っていた。

その頃箕島は歩道橋の上で立ち尽くしていた。

眞子はまた同じ男をつけていた。

翌日、博史はエレベーターを待っていると真冬から声をかけられる。
真冬はやっぱり二人で飲みに行きたいと言われ、飲みすぎで気持ち悪いのがふっとんだ。
彼女はいるのかと聞かれて、博史は1年くらいいないと答えた。

ますます追い詰められる箕島

箕島は吉田に早朝出勤を頼んでいた。
吉田は仕事をしていないので山積みになっているのだ。
吉田は労働基準監督署に掛け合うと言い、箕島の仕事の振り方が悪いと言い出す。

そんな蓑島を見た博史はモンスター社員である部下の吉田をリストラ候補とする。
眞子は箕島に対して博史は色眼鏡で見ていると提案するがあっさりと却下されてしまう。
さらに眞子は博史と真冬との会話も聞いており、本当は3年彼女がいないのに見栄をはっていると言われてしまう。博史は、恥ずかしくて走り去ってしまう。

そして眞子は蓑島の元へ行き、仕事を抱え込み業務時間外も過剰に仕事をする蓑島の働き方を指摘。
過労で倒れられては、会社運営に支障が出るのは困るため審議にかけると眞子は言う。
蓑島はそれだけは止めてほしいと土下座。その様子を伊東千紘が見ていた。
眞子は、自分が犠牲になりがむしゃらにやっていく以外の方法もあるはずだ、それをしっかり考えてほしいと言って、去っていく。

伊東千紘は人材ラボに乗り込んできた。
箕島に何を言ったのかと。箕島は共和火災に必要な人材だと言い、目先の利益だけ追求して人を切っても会社の成長には繋がらないと啖呵を切った。
すると眞子は伊東千紘の進めている働き方改革が箕島を追い詰めているのではないかと指摘。
残業を減らし、十分な休息をとるが今まで以上の成果は求めるとは無理ではないかといたいところをつかれた。
千紘は機械的に人を切り捨てるなと言ったが、眞子もそんなつもりはないと言うのだった。

終業後、蓑島が心配な博史は後をつけると蓑島が歩道橋からじっと道路を見つめているところを発見した。
飛び降りるのでは‥と陰ながら見ていた博史だったが、止めたようだった。

吉田忍

Missデビルが第1話から全話見たい!と思ったら
↓     ↓     ↓

限界を超えた箕島

翌日、吉田は箕島から頼まれた仕事をやるというが体が弱いのでそれで病気になったら責任をとってほしいと言う。
冗談だと言うが先のことはどうなるかわからないと言ってスマホをいじっている吉田。

博史は再び吉田のリストラを頼んだが却下。
飛び降りてからでは遅いと言うが、不可能だというだけだった。

博史は、

「この悪魔!」

と言う。眞子には

悪魔ですが何かと

言われてしまう。

博史は終業後また箕島をつけていた。

また同じ歩道橋で立ち尽くしていた。また飛び降りようとしていたときに、吉田の姿が目にはいった。

すると、目の前に現れた吉田に蓑島はナイフを振りかざし襲いかかろうとした。

次の瞬間眞子が現れ、蓑島のナイフにケリを入れ止めた。
それでも殴りかかろうとするので肩にまわしげりを食らわせて箕島は倒れる。

吉田は訳がわからず説明しろと騒いでいたが眞子に帰された。

眞子は人材開発ラボの部屋にて、蓑島を問い詰めていた。
もう会社人生は終わったと伝えた。
博史は営業に戻せばいいと言うがそれはダメだと言う。
かつて、箕島はバリバリの営業マンだった。
顧客を思うがあまり契約書を作為的に書き換えた過去があり、千紘が上と交渉し部を代わるだけで済んだ。

だから二度と営業復帰はできない。
千紘は誰よりも蓑島を気にかけていたのだった。

眞子は「あなたにはこの会社を辞める権利があります」と言い、蓑島にその場で退職願を書かせ、会社を去らせた。

尾上は千紘と会うと箕島も自分に相談すればよかったのにとまた調子のいいことを言う。
千紘は
「誰なんでしょう、彼を会社をやめる原因を作ったのは。わからなければ考えてください。私も考えます。」
と伝えた。

吉田は箕島がいなくて寂しいと調子にのった発言をしながら出社してきた。
部のみんなの顔が曇っている。
不正や会社の悪口を書いた吉田の酷い裏垢SNSがばらまかれたのだった。
眞子の指示で田部(水沢エレナ)がばらまいていたのだった。

蓑島は退職し料亭で見習いとして新たな一歩を踏み出すことに。
伊東はお客として様子を見にきた。
箕島はいつか店を持ちたいから一番でお客で来てほしいと夢を語る。

博史は、残念な結果だったが最悪の事態にならずに良かった‥と思っていいのかと眞子に聞いていた。
眞子は自分がここにいる目的は醜いモンスターを倒すことだと言った。

その頃、会長は斧ヶ崎にあったホテルの火災事故について大沢と話していた。あの時の担当者は社長と千紘だった。

その夜、眞子が追っていた男が雑居ビルの中の事務所で何かなくなっているのに気づき焦っていた。眞子は雑居ビルを見つめていた。

翌日、会長に呼ばれ部屋に現れたのは眞子がずっと追っていた男、(アガタ)だった。
会長は誰にも見られなかったかと秘書に念おしさしていた。

眞子がまた斧ヶ崎に行くと、そこには大沢の姿があった。

つばき眞子アップ

Missデビルが第1話から全話見たい!と思ったら
↓     ↓     ↓

まとめと感想

こんなひどいモンスター社員いるもんなんですね。
部長も部下の事を全く見ていなくて箕島は可愛そうでした。ネットでも実際に吉田みたいな社員はいると話題になっていました。
吉田にも回し蹴りをしてほしかったと思うのは私だけでしょうか。

来週も「Missデビル」でスカッとしたいですね。

また見てみたいので、ちょっとネットで調べてみましたが、『Missデビル』を見れる動画配信サービスが2つありました!

「民放公式テレビポータルTVer」と「Hulu」です。

それぞれの特徴をまとめておきます。

民放公式テレビポータルTVer
・無料でMissデビルを見れる。
・ただし放送後1週間分だけ。それ以上前の回は見ることができない。

Hulu
・Missデビルの放映された回は全話見れる。
・有料(2週間は無料お試しあり)
・放映中のドラマだけでなく、過去のドラマや国内国外の映画、ライブ、ドキュメンタリーやアニメなどの動画も見放題。
 見放題の作品例
 アベンジャーズ、アイアンマン、名探偵コナンシリーズ、ちはやふる、正義のセ、東京喰種 トーキョーグール:re、など映像50,000本が見放題。

 
Huluは有料のサービスですが、今なら2週間も無料で見れるので、まずは試してみても良いかもですね!
TVerの公式サイトはこちら
Huluの公式サイトはこちら