4月11日、水曜日夜10時、日本テレビで、阿川佐和子さん原作、吉高由里子さん主演のお仕事ドラマ、『正義のセ』がいよいよ始まりました。

第1話は10分拡大版でした。第1話のあらすじを紹介しますね。

吉高由里子正義のセ


スポンサーリンク
 


凛々子登場!

主人公の竹村凛々子(たけむらりりこ)(吉高由里子)は、横浜でデートの待ち合わせ。
勝負服に7㎝のハイヒールで、嬉しそうに歩いています。
自分の姿をショーウインドで確認しているその時!バッグのひったくりにあいます。

ひったくり凛々子

ひったくりを追いかけようとしてハイヒールは脱げ、裸足でひったくりを追いかけます。
しかし
結局、ひったくりを捕まえることは出来ず、凛々子は交番で被害届を出しています。
その時に彼氏とデートの待ち合わせをしていたことを思い出し、電話をかけようとしますが、携帯電話は盗まれたバッグの中。彼との連絡も出来ませんでした。

次の日、凛々子は横浜地検に初出勤します。と、そこにひったくられたバッグが戻っていました。
中には携帯電話は入っていて、凛々子は彼氏とやっと連絡をとることができました。

さあ、凛々子の初出勤!仕事の開始です。

初出勤 凛々子

凛々子の検事のお仕事

港南支部には、支部長の梅宮譲(うめみやゆずる)(寺脇康文さん)、先輩検事の大塚仁志(おおつかひとし)(三浦翔平)、徳永太一(とくながたいち)(塚地武雅)、検察事務官の木村秀樹(きむらひでき)(平野生成)、榎戸修(えのきどおさむ)(夙川アトム)たちがいます。そして、凛々子の担当事務官はベテランの相原勉(あいはらつとむ)(安田顕)です。

早速、相原と取り調べを始める凛々子。
しかし凛々子は喜怒哀楽がすぐに出て、被疑者に怒ったり、同情して泣いたり、乗せられたりして、相原から小言を言われてしまいます。

事務官相原

検事の仕事は取り調べに対して肩入れをしてはいけないのです。

パワハラ事件に取り組む凛々子

凛々子は傷害事件を担当します。

被害者は建設会社に勤める向井俊哉(浅利陽介)です。

向井は上司の恩田徹(石黒賢)から暴行を受けて階段を転げ落ち、全治2ヶ月の重症を負ったと被害届を出していました。

恩田

しかし恩田は
「暴行なんかしていません」
と容疑を全面的に否認します。そして
「向井が嘘をついて自分を貶めようとしている」
と主張します。さらに一緒にいた向井の同僚の田中啓介(六角真司)も恩田と同じ証言をします。

その夜、凛々子の実家は豆腐屋で、父・浩市(こういち)(生瀬勝久)、母・芳子(よしこ)(宮崎美子)、妹・温子(はるこ)(広瀬アリス)と仕事のぐちを言って団欒しています。
彼氏とも電話で話をしました。

次の日、凛々子は、向井の病院に相原と訪れます。
お腹の大きい向井の奥さん美織(みおり)(森矢カンナ)もいます。
凛々子達は向井から、恩田のパワハラと暴力事件について話を聞きます。
被害届を出すことに悩んでいた向井の背中を押したのは美織でした。

凛々子は恩田を起訴しようとしますが、証拠が無ければ起訴はできないと、先輩検事、支部長にさとされます。
「絶対にやってるのに!」
と凛々子は恩田徹が加害者であることを確信しますが証拠がなければなんともならないのです。
向井さんたちを助けてあげたいのに自分は何も出来ない・・・・

その夜、検事に向かないのかなと落ち込んでいる凛々子に浩市が話しかけます。

「お前は昔、正義の味方になりたいと言った。融通きかんちんは、家族には面倒くさいけど、検事には向いてるんじゃないか。しつこく、諦めないから。」

と言ってくれます。

起訴のための証拠を探す凛々子

次の日、美織が被害届を取り下げると凛々子に言います。

恩田が病院に来て、

「被害届を取り下げるなら何もなかったことにする。」

と被害届の取り下げを迫ったからです。恩田は自分は証拠不十分で不起訴になる、と弁護士から言われたとのことでした。
このことを聞いた美織は自分たちに勝ち目がないと思ったからです。

向井美織

凛々子は
「今日1日証拠を探す時間をください!」
と先輩検事にお願いします。向井夫妻のために今日一日使って証拠を見つけようと思ったのです!

一日ください凛々子

しかし何らかの事件は毎日起こり仕事がない日などあるわけがありません。
事務官の相原は今日の仕事を全部先輩検事にやらせるわけにはいかないと反対します。
大塚には、お前の自己満足だと、言われてしまいます。

しかし凛々子は
「諦めたくない!」

と言い、粘ります。大塚は「勝手にしろ」と言って凛々子の頼みを認めます。

凛々子は調書を見直し、相原と証拠を探しに夜中まで駆け回ります。

アポ無しで出かけた所轄からは苦情がきます。
病院でも暴行の証明は出来ないと言われてしまいます。
監視カメラも無く、目撃者も無く、行き詰まっていた凛々子と相原。

しかし恩田と田中と向井が飲んでいた店の前にタクシー乗り場があるのをみつけ、タクシーのドライブレコーダーに3人の姿が映っていないか、タクシー会社を駆け回り証拠探しが再開。
そしてついに証拠の映像を見つけます。

映像には証拠となる恩田が向井をつかんで路地に引っ張る姿が確かに写っていました。

一方で大塚は凛々子が机の上に散らかしていった書類を見て、ピンときたことがあるようです。
大塚はベテランらしく恩田と田中の詐偽の証拠を調べていました。

大塚健二

翌日恩田を呼び出した凛々子は、証拠の映像と、恩田と田中の不正献金の証拠をつきつけます。
そして
ついに恩田を起訴することが出来ました。
相原も満足そうに凛々子を見つめます。

ベテランの大塚はまだまだ凛々子に厳しいですが恩田を起訴できる決定的な証拠である通帳の振込記録を入手して凛々子に渡してくれたのです。
クールな大塚の気持ちを動かしたのは凛々子の熱い思いであることに間違いはないでしょう。

恩田と恩田の部下の田中は二人揃って企業から不正に金を受け取っていたために揃って向井を悪者にしていたのでした。

そして後日、向井夫婦が凛々子に

「検事さんは私達の正義の味方です」

と言ってくれます。凛々子は「まだ、正義のセの字も分かりません」と答えます。

まとめ

最後に必ず正義は勝つんだと思って見てても、どうやって証拠を見つけるのかわかりませんでした。
あれ・現実はそんなに甘くないのかな?やっぱダメかな?などと考えながらハラハラしながら見ていました。

凛々子はもっと反骨精神があって、もっと弾けているのかと思っていましたが、意外と真面目だったんですね。
そして先輩の言うこともちゃんと聞いて落ち込んで、家族と団欒したり、彼氏も大事にしたりして、ちょっと天然だけど普通の女の子でした。

そんな普通の女の子が、これから周囲に認められていくのが楽しみです。

事件の解決も壮快で、面白かったです。

ドラマ『正義のセ』が見たい!見逃したらどこで見られるの?

ドラマ『正義のセ』どうでしたか?
凛々子の熱血検事ぶりは思わず応援したくなっちゃいましたよね。

新米ですが自分の気持に忠実で一生懸命なところが素敵でしたね。
見逃したかたはこちらから動画を見ることが出来ます。


>> ドラマも見放題【Hulu】の公式ページはこちら <<