私が教育機関で働いている時、あるお子さんが突然「朝になると起きるのが辛い。」と訴え、学校へ登校できなくなりました
友達と何かトラブルがあったわけでもなく、勉強が苦手なわけでもない…。
両親は「怠けているだけ!どうして学校に行かないの!」といい、子供を責めるという悪循環でした。
色々なことがあり、色々な機関を通してお子さんが診断されたのはなんと「起立性調節障害」。
実は起立性調節障害は大人だけでなく、子供も…誰にでもなる可能性のある病気なのです!
起立性調節障害の症状は以下の通りです。

・立ちくらみやめまいがする。
・気持ち悪くなって倒れてしまう。
・朝に起きることができずに体がダルイ。
・疲れやすく体調が悪い。
・動悸や息切れがする。
・食欲がない。

 
当てはまっている症状がある人は起立性調節障害かもしれません。
そこで今回は起立性調節障害の原因はストレスか、子供・高校生(思春期)・大人に分けて紹介していきます。


スポンサーリンク
 


起立性調節障害の原因はストレス?子供編

まずは起立性調節障害の原因、子供編を紹介します。
起立性調節障害は小学生のうち10%の人が悩んでいる病気です。
起立性調節障害は自律神経の乱れが原因といわれています。
自律神経は呼吸や心拍、汗や体温の調整などをしてくれる人間にとっては生活するうえで無くてはならないものなのです。
特に自律神経の大事な働きは、どんな姿勢になっても血液を上手く体中に運ぶことといえましょう。
起立性調節障害の人は自律神経の働きが非常に弱く、血液を上手く体中に運べないために常に低血圧の状態となってしまいます。
低血圧は脳に上手く血液が回らなくなってしまうので、結果、体がだるくなったり朝起きるのが辛くなったりしてしまいます。
規律調節障害主な原因子供
体の原因は子供も、高校生(思春期)も大人も自律神経の乱れが大きな原因ですが、自律神経が乱れてしまうのはそれぞれに心の原因が存在するので紹介します。
起立性調節障害になる子供の大きな心の原因は2つあります。

子供の起立性調節障害の原因:学校に慣れない

子供の起立性調節障害の大きな原因の1つに学校に慣れないことがあります。
今まで保育園などである程度自由に過ごしてきた子供達が最初に当たる壁が学校です。
学校では、将来のために勉強をしたり、集団行動を学んだりしますよね。
今まで自由にできていたものが自由が減って、規律を学ぶ場所となるのですが、柔軟に対応できる子供と対応できない子供が出てきます。
小学校行くの嫌起立性調節障害
学校の決められた枠にはまらなければいけない生活に上手く馴染めない場合、それがストレスとなって自律神経が乱れて起立性調節障害になってしまう可能性が高いです。

子供の起立性調節障害の原因:親との関係性

保育園や幼稚園は親との触れ合いが大切なので、保護者も積極的に子供と関わるように促すかと思います。
しかし小学校にあがると少しずつ自立をしていってもらうために、学校の準備を自分でしてもらうとか、自分でやらなければいけないことがどんどん増えていきます。
保育園や幼稚園に居た時に過剰に子供に手をかけて、何でもやってあげてしまうと、小学校になった時に自分でやるように子供に促してもなかなか子供が理解してくれなくなります
むしろ親に「突き放された!」とショックを受け、それがストレスとなって自律神経が乱れてしまう可能性があります。
なるべく保育園の頃から、服を自分で選んでもらうとか、保育園の準備を少しは自分でしてもらうとか、何でも自分でやらせるように癖をつけていきましょう。
そして自分で少しでも何かをする素振りを見せたら褒めてあげましょう。
小学校親褒める起立性調節障害
そうすることで自立心が芽生え、小学校へ行った時もスムーズに生活することができるようになります。
子供にとっては小学校へ行くことも、勉強も、集団生活をすることも全てが初めてのこととなります。
子供のうちは毎日が初めてすることで、新しい環境を体験することになるともいえましょう。
新しいことをする時は、少なからず不安と緊張が発生します。
よく話を聞いてあげて突き放すのではなく、不安を取り除いてあげられるように親がサポートをしていけると良いですね

起立性調節障害の原因はストレス?高校生(思春期)編

次は起立性調節障害の原因、高校生(思春期)編について紹介します。
起立性調節障害の体の原因はやはり子供と同じで、自律神経の乱れです。
しかし自律神経が乱れてしまうのには心に原因があり、高校生(思春期)の人は特にストレスが原因と考えて良いでしょう。
起立性調節障害になる心の原因は主に3つあります。

高校生(思春期)の起立性調節障害の原因:真面目な良い子ちゃんで育ってきた

幼少の頃から真面目で良い子ちゃん、親からしたら手がかからないお子さんだった場合、高校生(思春期)になって一気にストレスが爆発し起立性調節障害になる可能性が高いです。
高校生真面目良い子起立性調節障害
昔から「聞き分けが良く、人の意見をよく聞く優しい子。真面目で優等生。」だった人は、逆に言えば、自分の意見があってもハッキリいえず、どんどん自分の胸の中に閉じ込めてしまい、ストレスを溜め込みやすいタイプでもあります。
周囲の空気を読みすぎて思ったことを言えないストレスはとっても大きく、自律神経を乱す原因となります。
自分の意見をいえず、周りに合わせて疲れ切っている場合は、一度カウンセラーを受けてみてください。
吐き出す場所ができると、ストレスも少しずつですが緩和されてきますよ。

高校生(思春期)の起立性調節障害の原因:進路や部活動、恋愛や友人関係の疲労

高校生(思春期)になると、大人に近づいていくうえで色々な悩みが出てくるかと思います。
友達関係や部活動での悩み、進路や恋愛なんかの悩みも出てきますよね。
まさに青春ともいえるのですが、こういった悩みが次々に起こってしまうと目まぐるしい日常に体がついていけなくなり、大きなストレスを感じてしまうこととなります。
高校生悩み起立性調節障害
子供の時は何でも親に話せていたかもしれませんが、思春期になるとこういった悩みをなかなか親にいいづらいと感じて自分の殻に閉じこもってしまう傾向があります。
こうしたストレスが自律神経を乱す原因となってしまい、結果起立性調節障害になってしまうのです。
誰か相談できる人を見つけて、気軽に相談できるような環境をつくってあげられると良いですね。

高校生(思春期)の起立性調節障害の原因:風邪や怪我の不調

実は高校生(思春期)で起立性調節障害になる原因の1つに風邪や怪我の不調があるんです。
起立性調節障害怪我
高校生(思春期)の人は勉強や部活動に打ち込んでいる人も多いかと思います。
風邪や怪我をして休んだりすると、その分勉強や部活動で他の人よりも遅れを取ってしまいます
休んでいる間に「今勉強どこまで進んだかな。」「怪我して休んでいたら試合に出れないかもしれない。」などと悩んでいると、どんどんストレスが蓄積されていきますね。
このストレスが起立性調節障害になってしまう大きな原因となります。
高校生(思春期)のうちは、相談できる環境をつくってあげることが大事ですね。

起立性調節障害の原因はストレス?大人編

最後は起立性調節障害の原因、大人編です。
大人も体の原因は自律神経の乱れなのですが、自律神経が乱れるのに3つの原因があるので紹介しますね。

大人の起立性調節障害の原因:ストレスの溜め込み

大人も起立性調節障害になってしまう原因の1つにストレスを溜め込むことが考えられます。
大人になると仕事の問題や家庭の問題など、悩みも責任があって大きいものとなっていきますよね。
大人悩み家庭起立性調節障害
そのため、ストレスの感じ方も大きいものとなっていきます。
また、小さい頃や高校生の頃に受けたいじめなどでトラウマになっている場合も、大人になってからストレスの原因となってしまいます。
あまりに酷くストレスを感じている場合は、心療内科やカウンセラーを利用するのも1つの手ですね。

大人の起立性調節障害の原因:生活習慣の乱れ

仕事が忙しくて眠るのが深夜になってしまう人や、夜に活動して朝に休んでいる人などなど、色々な諸事情があるかと思いますが、不規則な生活は自律神経をかなり乱してしまいます。
また、ダイエットだといってご飯を抜いてみたり、コンビニのお弁当ばかり食べてみたり…。
大人悩み生活起立性調節障害
こういった生活習慣の乱れも自律神経を乱して起立性調節障害になる可能性を高めてしまいます。
なるべく生活リズムを整えて、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

大人の起立性調節障害の原因:運動不足

大人になるとなかなか日常の生活が忙しくて運動をするという習慣がなくなってしまいますよね。
運動をしない人は、運動をする人よりも疲労感を3倍も感じるそうですよ!
運動をすると血液の流れや自律神経の働きも良くなります
運動は激しいものでなく、散歩やストレッチなど軽いものでも十分なんですって!
起立性調節障害運動
大人になると日々の生活が非常に大切になってきます。
規則正しい生活や運動で起立性調節障害にならないように自律神経を整えていきましょう。
 
 
以上、今回は

  • 起立性調節障害の原因はストレス?子供編
  • 起立性調節障害の原因はストレス?高校生(思春期)編
  • 起立性調節障害の原因はストレス?大人編


について紹介しました。
もし朝起きれなかったり体が辛いと思っていたら、それは怠けているのではありません。
もしかして起立性調節障害かもしれません。
悩んでいるなら一度病院を受信してみてはいかがでしょうか。
気持ちも楽になって起立性調節障害も緩和されると良いですね。
]]>