キンコン西野さんがクラウドファンディングで3億円の募金を募って話題になっています。
キンコン西野
私もニュースを見て「金額の桁が違う!」とかなり驚きました。

しかしこのクラウドファンディング、かなり賛否両論のようですよ。

今回はキンコン西野さんが借金3億で何様の声続出しているのですがなぜ嫌われるのか調べてみました。

また、キンコン西野さんが作る美術館の建築場所はどこでどんなものにするのかも紹介します。


スポンサーリンク
 


キンコン西野のプロフィールと経歴

最初はキンコン西野さんのプロフィールと経歴を紹介します。

名前:西野 亮廣(にしの あきひろ)
生年月日:1980年07月03日(今現在の年齢38歳)
出身地:兵庫県川西市
身長:173cm
体重:57kg
血液型:O型
趣味:マラソン
特技:絵をかく
所属事務所:吉本興業

 

西野亮廣さんは小さい頃から絵を描くのが好きだったけどお笑い芸人になることを夢見ていて、1999年にお笑いコンビ「キングコング」を結成しました。

2001年には「はねるのトびら」に出演をし、すごく人気がでましたよね。

私もはねるのトびらはすごく好きで毎週楽しみにしていました。
はねるのトびら
お笑い芸人としても順調に人気を伸ばしていた西野亮廣さんでしたが、大先輩のタモリさんがきっかけで絵本作家になることを決意。

2009年には「Dr.インクの星空キネマ」という絵本を販売します。

西野亮廣さんの絵本は大人も子供も楽しめるうえに絵がすっごくきれいだと高い評価を得るようになり、その後も次々に絵本を販売しました。

2016年には芸人引退を宣言し、肩書は絵本作家に。

2016年に出版した「えんとつ町のプペル」はクラウドファンディングで資金を調達し販売しましたがものすごい人気でしたね。

絵がとにかくきれいで私も岩手県で「えんとつ町のプペル」の絵を飾っている時に観に行きました~!

実際に見ると絵のきれいさに感動して絵本も購入しちゃいました。

現在も絵本作家として勢力歴に活動をしています。

キンコン西野が借金3億で何様の声続出!なぜ嫌われる?

次にキンコン西野さんが借金3億で何様の声続出しているとの情報が…なぜ嫌われるのか調べてみました。

ことの発端は2018年6月4日の西野亮廣さんのアメーバブログ。

最初はニューヨークで「えんとつ町のプペル」の個展を開いたことや、個展が大盛況だったことを話していて「すごいなー。」と思っていましたが、問題になったのは後半です。
キンコン西野

ブログにはえんとつ町のプペル美術館を作ることになり、その建築費用3億円を借金として抱えてしまったと説明しているんです。

そして3億円の資金を調達するためにブログで以下のように書いているんですね。

命がけで地方創生に飛び込む37のおっさんを君は無視できるのか?
キングコング西野は現在死にかけている。
今まで通り生きていたら借金3億円を抱えなくてよかったのに…関節が震えて下痢が続いてる。
死ぬぞまじで!なんとかしろや!

 

このいい方が異様に感じる人が多く「何様!」などといわれていて嫌われたり批判をかったりしているようです。

また2018年6月5日にはブログに追記として以下のようにも書いていました。

「もう3億円の借金をしている」というような表現をしてましたが、「3億円の借金ができそう」ということで
これから借りることになります。

 

この追記も「借金まだしてなかったのか!」と批判殺到。

だけど批判ばかりでなく「キンコン西野さんは頭がいいと思う。面白い。」といっている人もいて、かなり賛否両論のよう。

ブログにはキンコン西野さん自体貯金をしていないことも書いているんですね。

キンコン西野さんは自分が儲けたお金を吉本興業へクリスマスツリーをプレゼントしたり、「はれのひ」の被害にあわれた方の成人式を開催したりするなどしてお金を還元しているんですね。

振り袖販売のレンタル業者「はれのひ」は成人式のその日に営業を停止し、被害総額は2億円超えともいわれている事件です。

着物を「はれのひ」業者にあずけていた人は着物すら返してもらえず成人式に参加できない人もたくさんいました。

キンコン西野さんははれのひ被害で成人式に参加できなかった人のために成人式を開催したんですね。

やろうと思ってできることじゃないですよね。すごいと思います。

キンコン西野さんの思い描いているように資金は集まるのか気になりますね。

キンコン西野の美術館の建築場所は?

最後はキンコン西野さんが建築しようとしている美術館の建築場所はどこか調べてみました。

キンコン西野さんはブログで美術館の建築場所はキンコン西野さんの地元である「兵庫県川西市」につくるつもりでいると書いてありました。

兵庫県川西市ってすごく自然が多くて人も多いしきれいなところなんですね!

さらにキンコン西野さんのブログには以下のように書いてありました。

静かな空間に絵を置いて静かに見て回るのは緊張して頭に何も入ってこない。苦手。
僕の考えている「えんとつ町のプペル」はえんとつの町を建設してローラーすべり台で走る体験型の美術館。
美術館というよりテーマパークといった方が良いかも。

 

えんとつ町のプペルのきれいな町並みを再現しての美術館ってすごい!想像できないですね。
えんとつ町のプペル

しかし「この町並みを再現したら3億円で足りるのかな?」と疑問が。

成功したらすごいたくさんの人が入ってきそうだけど、3億円もかけて集客できるのかもわからないですしね。

キンコン西野さんの才能に密かに期待しています。
 
 

以上、今回は

  • キンコン西野のプロフィールと経歴
  • キンコン西野が借金3億で何様の声続出!なぜ嫌われる?
  • キンコン西野の美術館の建築場所は?

について紹介しました。