2018年4月15日(日曜)にドラマ「崖っぷちホテル」始まりましたね!
崖っぷちホテル面白い

なかなか濃ゆいキャラクターが揃っていて面白い話でした。

なかでも私が好きなのは西尾まりさん。
西尾まりでてる

西尾まりさんって子役時代から活躍していて芸歴が長くてすごいですよね。

今回は西尾まりの子供は発達障害のグレーゾーンだったという噂があるので紹介します。

また発達障害でグレーゾーンの場合は療育や小学校での支援方法とはどんなものがあるのかも紹介しますね。



スポンサーリンク
 


西尾まりのプロフィールと経歴

最初に西尾まりさんのプロフィールと経歴について紹介します。
西尾まりさプロフィール

名前:西尾 まり(にしお まり)
本名:北澤 麻里(きたざわ まり)
生年月日:1974年04月02日(今現在の年齢44歳)
出身地:東京都
出身大学:亜細亜大学経営学部(東京都武蔵野市)
身長:169cm
体重:50kg前後
カップ:B
血液型:A型
趣味:登山
特技:料理
所属事務所:シス・カンパニー

 

西尾まりさんは1979年にNHKのドラマ「草燃える」で子役としてデビューをします。

1987年のドラマ「パパはニュースキャスター」に子役で出演した時には演技が高く評価され「名子役」と呼ばれるようになります。
西尾まり

たくさんのドラマや映画に出演をし、2005年に結婚をします。

西尾まりさんの夫は舞台の照明をやっていた一般の方だそうですよ。

おめでとうございます!

2007年には長男を、さらに数年後に2人目も出産していて現在は女優として復帰し再び人気を集めていますね。
西尾まり妊婦
※妊娠6ヶ月の西尾まりさん。

西尾まりの子供は発達障害のグレーゾーンだった?

次に西尾まりの子供は発達障害のグレーゾーンだったという噂について紹介します。

西尾まりさんはNHK「あさイチ」という番組に2018年4月16日に出演をし、自分の子供がグレーゾーンだったことを話しているんですね。
西尾まり
西尾まりさんはあさイチで子供の発達障害とグレーゾーンに以下のように話していました。

下の子がもしかしたらと保育園でいわれてもやもやした時期がありました。
区から発達障害の検査ができるとの通知をもらって行ったけど結局判断がつきませんでしたね。
検査に行って診断はつかなかったけど、行ってよかった。
発達障害は何なのか、どういう取り組みを市でやっているかなんて知らないお母さんが多い。
私は理解してもらえる場所が見つかってよかったと思った。

 

小学校でも保育園でも働いていた私からすると発達障害だと診断されるのも辛いですが、グレーゾーンの子供も親も悩み深く苦しいものだと思います。

西尾まりさんは現在の子供の様子を以下のように話していました。

現在はグレーゾーンだと思う部分は全くないです。
子供らしい子供です。

 

「子供らしい子供」ってすごく良い言葉だと思います。

子供の感性や個性を大事にしたいですね。

療育や小学校での支援方法とは?

最後は療育や小学校での支援方法とはどんなものがあるのかについて紹介します。

グレーゾーンは発達障害の診断もつかず、だけど周りの子供と比べると何か引っかかりがあったり、遅れがあったりすごく微妙なラインのことをいいます。
発達障害診断

長くたくさんの子供を見てきた私からすると、保育園の時に保育園の先生に指摘をうけた子供さんって大抵小学生になって集団の輪に入るうちに集団行動に慣れてきて、他の子供と差がなくなる場合が多いです。

保育園はどうしても自由に過ごす場が多く、子供の興味や関心を持つ気持ちが強いこともあり周りより目立った行動をしてしまいがちになります。

例えば「運動会の時に皆並んでるのにうちの子は並ばずに違う場所にいっていた。」とか「発表会にでても踊らないでぼーっとしている。」とか。
心配

もし気になる人は発達障害チェックの記事もあるので読んでみてください。

 

でも大体保育園でグレーゾーンといわれた子は小学校になると、落ち着いてしっかり行事に参加することができたりするんですよね。

多分西尾まりさんの子供もこのタイプだったんだと思います。

逆に小学校で先生から「グレーゾーン…もしくは発達障害の疑いが。」と指摘された子供は気をつける必要があります。

グレーゾーンの子供を持つ親は、友達とのトラブルや授業への遅れなど様々なことで悩む時が増えるかもしれないので、療育や支援の方法を紹介します。

グレーゾーンの子供の療育の方法は?

最初にグレーゾーンの子供の療育の方法を紹介します。

「グレーゾーンかな?」と思ったらまずは担任の先生に相談をしてみてください。
発達障害
担任の先生が問題ないといえば良いですが、担任の先生からも検査を勧められた場合、とりあえずうけてみると良いですね。

今って発達障害の疑いがある子供さんが増加傾向にあるので療育センターで検査をしたいと個人的に思っても「予約待ちです。」といわれて1年まったりする人も多いです。

全然恥ずかしいことではないし、自分の子供の苦手な場所がよくわかるので西尾まりさんのいう通り、検査をうけることは子供を理解するために大事なことだと思いますね。

もし、療育センターに行きにくいと感じる人は各自治体にある児童相談所でも簡易検査をしたり、話を聞いてくれるので電話やメールなどで問い合わせても良いですよ。
電話

1人で悩むよりずっと良いと思います。

グレーゾーンの子供の支援の方法は?

グレーゾーンの子供の支援方法は大きく2つあるので紹介します。

1つ目は学校に相談をしてサポートの先生をつけてもらうことです。
サポート先生

グレーゾーンの子供は友達とのトラブルが多かったり、勉強が周りより遅れてしまうことがありますが上手にサポートをしてもらうことで、どんどん成長を伸ばすことができますね。

サポートの先生は担任の先生が見れない時に手を差し伸べてくれたり、勘違いされやすい子供の状態を把握してケアをしてくれたりします。

学校の判断にもよるのでよく先生と話し合うと良いですよ。

2つ目は放課後デイサービスなどを利用することです。

放課後デイサービスには療育型のものもあり、ソーシャルスキルトレーニングなどを行ってくれるデイサービスもあります。
療育センタ

保育士や作業療法士、児童指導員などがいて苦手なことを伸ばすプログラムを組んでやってくれている場所もあるので、最初にしっかり見学などをしてから決めると良いですね。
 
 

以上、今回は

  • 西尾まりのプロフィールと経歴
  • 西尾まりの子供は発達障害のグレーゾーンだった?
  • 療育や小学校での支援方法とは?

について紹介しました。

西尾まりさんも子供の発達障害のことで悩んだ時期があったと話していました。

子供がグレーゾーンの人は1人で悩まないようにしてくださいね。