毎日新聞で「翔んで埼玉」という漫画が実写映画になって2019年に公開されることが記事で書かれていました。
翔んで埼玉

「翔んで埼玉」の漫画は1982年に書かれた漫画で、原作の魔夜峰央さんはギャグ漫画「パタリロ」を描いた有名な人でもあります。
パタリロ

1982年に描かれた漫画が映画化なんて、面白そうですよね。

今回は翔んで埼玉の実写映画キャストにGacktがでるとの噂があるので紹介します。

また、翔んで埼玉は埼玉をディスリまくるあらすじで有名のようなので、あらすじも紹介しますね。


スポンサーリンク
 


翔んで埼玉の実写映画キャストにGackt(ガクト)が!?

最初に翔んで埼玉の実写映画キャストにGackt(ガクト)が出演するとの噂があるので紹介しますね。

まずGackt(ガクト)さんのプロフィールと経歴を簡単に紹介します。
ガクト

名前:神威 楽斗(かむい がくと)
本名:大城 学(おおしろ まなぶ)
生年月日:1973年07月04日(今現在の年齢17歳)
出身地:沖縄県
出身小学校:粟東市立大宝小学校(滋賀県粟東市)
出身中学校:粟東市立粟東西中学校(滋賀県粟東市)
出身高校:守山高校(滋賀県守山市)
身長:180cm
体重:68.9kg
血液型:A型
趣味:セリフを覚える、ビリヤード
特技:格闘技、トレーニング、柔軟
事務所:L.O.V.EEntertainmenT

 

ガクトさんは小さい頃からピアノを習い高校ではドラムを、そして1995年にはバンドのボーカルをつとめるなど素晴らしい経歴を持っています。

ガクトさんはテレビ「芸能人格付けチェック」でもハズレがなく、一流芸能人として継続して出演をしているんですね。
ガクト一流
常識チェックが一度もハズレたことがないのはガクトさんと歌手のYOSHIKIさんだけ。

2018年現在は作詞作曲、シンガーソングライターとしても活躍中です。

そんなガクトさんがなんと映画「翔んで埼玉」に出演することが決まりました!

ガクトさんが演じる役はアメリカから転校してきた「麻美れい」という役です。
ガクト演じる

麻美れいは東京都内に高校にイケメンの御曹司だけど、実際は埼玉県出身者でもあるという麻美れいさんを演じます。

そしてもう1人わかっているキャストがいます。

それは二階堂ふみさん。

東京都知事の子供で生徒会長役の壇ノ浦百美役を演じます。
二階堂ふみ翔んで埼玉

翔んで埼玉の原作者の魔夜峰央さんは翔んで埼玉について以下のように話しています。
魔夜峰央

翔んで埼玉が映画になることをとても驚いています。
そしてガクトさんがオファーをうけてくれて本当に全員がびっくりしました。
ガクトさんの汚点にならないよう願っています。

 

一方のガクトさんは麻美れい役を引き受けたことを以下のように話しています。

正直僕の年で高校生を演じるのはどうなのかと思いますが、翔んで埼玉自体が無理な設定が多いので、無理が増えても今更問題ないかなと思います。
僕はずっと前から魔夜峰央先生の大ファンだったのでご指名であればやるしかないかなと。
二階堂ふみさんとも久しぶりに共演するので嬉しいですね。

 

私はガクトさんが美しすぎて、高校生の役をやっても違和感がない気がします。

映画がすっごく楽しみですね。

翔んで埼玉の埼玉をディスリまくるあらすじとは?

最後は翔んで埼玉の埼玉をディスリまくるあらすじとはどんなものかを紹介します。

翔んで埼玉に出てくる埼玉は10年前にやっと電気が通ったばかりで、埼玉県から東京都に移動するとなると通行手形がいるというハチャメチャなストーリーで物語が始まっていきます。
埼玉東京

埼玉県民が東京の三越に行くなら「西友に行けー!」と袋叩きにされて強制送還されてしまう…という埼玉がもうさげすまれすぎている設定なんですね。

そして東京都には麻実れいというアメリカから帰国してきた御曹司が転校してきます。
麻実れい
しかし麻実れいは埼玉出身者なのです。

そして東京生まれ東京育ちの壇ノ浦百美と出会って少しずつ惹かれあうのですが、東京と埼玉の生まれの壁に難しい問題を抱えていくというストーリーなんですね。

埼玉民は医務室を使用できず、具合が悪くなっても「草を食べれば治る!」といわれたり。
埼玉ばかにされ

さらには茨城県もディスられてしまうという。
茨木埼玉

原作はあまりに埼玉をディスって書いたことにより、未完で終わってしまっているのですが映画では千葉県も登場し、東京と埼玉、千葉の3つの戦いが繰り広げられていきます。

埼玉について原作の魔夜峰央さんは以下のように話しています。

私は翔んで埼玉を描いた時に埼玉県所沢市に住んでいました。
とっても良い場所なんですが、当時一旗あげようと意気込んでいた私は東京に行きたかったんですね。
本当なら東京に行くはずだったけど自分は埼玉にいる…。
所沢は良いところなのに東京と比べると物足りない、そんな日常の鬱憤を爆発させたのが翔んで埼玉です。
今なぜ映画化されるのか私が一番不思議で驚いております。

 

埼玉を愛しているからこそできた作品ともいえるでしょう。

設定がめちゃくちゃで埼玉県に住んでいる人も「楽しみ。」と話している人がたくさんいますね。
埼玉

映画も漫画のレベルくらいめちゃくちゃな設定でいくのかどうなるのか楽しみです。
 
 

以上、今回は

  • 翔んで埼玉の実写映画キャストにGackt(ガクト)が!?
  • 翔んで埼玉の埼玉をディスリまくるあらすじとは?

について紹介しました。

翔んで埼玉にガクトさんや二階堂ふみさんが出演することが決まりました。

2019年の公開が楽しみですね。